ダムマニア - Dam Mania -

桂沢ダム

北海道開発局が所有する多目的ダム。洪水調節の他、かんがい用水や上水道用水、発電をおこなっている。
洪水調節という目的を持つダムだが、河川の水量は少なく、他の河川から導流している実態にある。

堤体は古風な重力式コンクリートダムで、クレスト部に非常用洪水吐としてローラーゲートが3門装備されている。 北海道のダムらしく、コンクリートが凍害にやられている様子が痛々しい。
また、左岸にバルブを隠し持っており、少量の放流はここからおこなっている模様。

発電に関しては、電源開発の桂沢発電所に送水され、最大23.5m3/sの水量を用いて、1.5万kWの発電をおこなっている。

じつはこのダム、嵩上げ工事が進んでいる。 嵩上げ工事終了後は、「新桂沢ダム」という名称になり、堤高75.5m、堤頂長406.5mのダムとなる。 堤高は約12m、堤頂長は約72mの増加となり、総貯水容量は1.47億m3と、現在の約1.5倍の水量となる。

現在の姿を見ることができるのは、あとわずかな期間なので、早めの訪問をおすすめする。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流左岸側より堤体を眺める。
飾りのないオーソドックスな堤体。

ダム

クレスト部には非常用洪水吐としてローラーゲートが3門。

ダム

天端を眺める。
徒歩でのみ通行可能。

ダム

左岸に設置されている放流設備。
何かのバルブだろう。

ダム

天端より直下を眺める。
飾りのない減勢工が妙にかっこいい。

ダム

天端より下流を眺める。
中央に見える白い建物は、新選択取水設備からの放流設備か。

ダム

堤体に設置されている表面取水設備。
まるでプレハブ小屋だ。

ダム

ローラーゲートのゲートピア。

ダム

新選択取水設備。
嵩上げ後に使用される見様。

ダム

新選択取水設備からの放流部と思われる建物。

ダム

右岸より堤体を眺める。
堤体と新選択取水設備の位置関係がおわかりだろうか。

ダム

ダム湖の様子。
あまり水が貯まらないダム湖らしい。

ダム

右岸より堤体を眺める。

広告

スペック

ダム名桂沢(かつらざわ)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名幾春別川/石狩川水系
所在地北海道三笠市桂沢
位置北緯43度14分23秒 東経142度00分09秒
着工年/完成年1947年/1957年
用途洪水調節、農地防災/かんがい用水/上水道用水/発電
堤高63.6m
堤頂長334.3m
堤体積350,000立方m
流域面積298.7平方km
湛水面積499ha
総貯水量92,700,000立方m
有効貯水量81,800,000立方m
ダム湖名桂沢湖(かつらざわこ)
管理北海道開発局・電源開発(株)
本体施工者鹿島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位EL 187.00m
制限水位EL 184.75m
最低水位EL 158.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ローラーゲート3門 

アクセス・ドライブ

道央自動車道三笠ICより、道道116号線を夕張方面へ進む。
幾春別川と共に15.86km走ると、右手に桂沢ダム管理所へと続く道があらわれる。
看板があるので迷うことはないだろう。
その分岐から1.66km走ると管理所が見えてくる。
その対岸には、立派な駐車場があるので、見学の際は対岸の駐車場に車を停めて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 北海道 > 桂沢ダム カウンター