ダムマニア - Dam Mania -

第7回 Dam Web Ring オフ会「大鳥ダムを見に来ない会?」レポート( 1/3 )

 2009年6月20日、当サイトも所属している、ダム愛好家集団 " Dam Web Ring " のオフ会が、 新潟県の奥只見ダム、大鳥ダムにて開催されました。このオフ会は、実は、天候の都合などで一度お流れになっており、2年越しでの計画、そして開催となったものでした。

 今回は、電源開発株式会社小出電力所、開発設計コンサルタントの藤野様ご協力の下、新潟県にある奥只見ダムと、 通常では見学できない大鳥ダムを見学するという行程になりました。
 奥只見ダムは、徳山ダムが完成するまでの間、総貯水容量日本一を誇っており、 重力式コンクリート形式の中ではナンバーワンの堤高を持っている発電専用ダムです。2003年、4番目の発電機が増設され、最大56万kWの発電をおこなえる様になりました。
 大鳥ダムは、管理用道路の奥にあるため、一般では見る事ができない貴重なダムです。 このダムの貴重さはそれだけではなく、国内に12基しかない、重力式アーチコンクリートという、とても珍しい形式なのです。

 2009年6月20日11時、そんな珍しいダムを見ようと、18名の参加者が奥只見ダム観光駐車場 Dam Web Ring 定礎石前に集合しました。

写真

集合場所の、奥只見ダム観光駐車場 Dam Web Ring 定礎石。
この定礎石は、旗手班である、
d@m encyclopedia 」の神馬さんが名古屋から搬入されました。

写真

集合時間の2時間前というのに、もう5名も集まっていました。
岩魚の塩焼きを食べ、勢力をつけます。

写真

大多数の参加者が揃った所で、スロープカーに乗り奥只見電力館に移動します。

写真

まずは奥只見電力館を見学。
代表者だけの記入でよいのに、各々、芳名帳に名前を書き込みます。

写真

展示パネルを一つ一つ喰い入るように見る見学者達。

写真

奥只見ダム建設記録ビデオを観賞後、2階の休息所で各々持参した弁当を食べます。
たこさん夫妻の弁当は豪華でした。

写真

食事を終え、喫煙所に集うダム愛好家ヤニやん達。

写真

お腹も満たされたところで、電源開発(株)スペシャルバスに乗車。
次の見学先である奥只見ダム天端に向かいます。

写真

スペシャルバスは助手席を使用するほどの満席状態でした。
あこがれのJPowerヘルメットを被る事ができ、参加者たちはご満悦でした。

写真

奥只見ダム右岸側天端を堪能する参加者たち。
通常は門に阻まれている立入禁止の領域です。


TOP > 流水管理室 > 第7回 Dam Web Ring オフ会「大鳥ダムを見に来ない会?」(1/3)