ダムマニア - Dam Mania -

村田ダム

宮城県が管理するかんがい用水専用ダム。1966年、濁川上流の振子沢付近に強酸性の温泉の湧出し、阿武隈川水系松川へと流入した。 松川の水は水稲栽培に向かない強酸性の水となってしまった。この水の代替として建設されたのが村田ダムである。

村田ダムはセンターにゾーンを持つ、堤高36.7mのアースダムで、完成当時は宮城県最大のアースダムだったとのこと。 また、取水設備として、傾斜式シリンダーゲートを日本で初めて採用したとのことらしい。

堤体下流面に大きく村田ダムと書かれており、自分の存在を外部に強くアピールしている。ロックフィルの存在感に負けないアースダムだと感じた。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
堤体に大きく村田ダムと書かれている。
訪問がもう1月ほど遅ければ、綺麗な緑色の堤体を眺めることができただろう。

ダム

天端を眺める。
自動車通行不可能。

ダム

左岸に設置された自由越流式の洪水吐。

ダム

ダム湖側より洪水吐を眺める。
流木が散乱している様子からして、最近使われたのだろうか。

ダム

洪水吐から続く導水路。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
ひっそりとした貯水池だった。

ダム

天端より下流を眺める。
右から中央に横切っているコンクリートは洪水吐からの導流部。

ダム

日本初の採用と言われている傾斜式シリンダーゲート。

ダム

右岸より堤体を眺める。

ダム

ダム湖越しに堤体を眺める。
右奥に取水設備が見える。

広告

スペック

ダム名村田(むらた)ダム
ダム形式アース
河川名/水系名荒川/阿武隈川水系
所在地宮城県柴田郡村田町足立
位置北緯38度08分56秒 東経140度41分15秒
着工年/完成年1972年/1979年
用途かんがい用水
堤高36.7m
堤頂長182.0m
堤体積273,000立方m
流域面積8.5平方km
湛水面積17ha
総貯水量1,660,000立方m
有効貯水量1,507,000立方m
ダム湖名 
管理宮城県
本体施工者佐藤工業・鉄建工業
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 120.60m
サーチャージ水位-
常時満水位EL 119.00m
制限水位-
最低水位EL 100.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式49.30m×1門260m3/s

アクセス・ドライブ

東北自動車道村田ICより、県道14号線を左折。
すぐに県道25号線とのT字路にさしかかるのでここを右折。
またすぐに、T字路にさしかかるのでここを左折。

高速をくぐり、2.26km走ると信号が現れる。ここを左折。
200mほどで道は左カーブを描くが、直進できる道があるので、ここは直進。
あとはそのまま1.84km走れば左手に村田ダムが見えてくる。


TOP > ダム一覧 宮城県 > 村田ダム カウンター