ダムマニア - Dam Mania -

小荒ダム

阿賀野川の支流、実川にある発電専用の重力式コンクリートダム。
近辺にある、豊実ダムとは全く異なる姿で、こちらのダムは小ぶり。
また、天端全てから自由越流できるようになっている。
洪水時、越流する姿を想像すると、無性に見てみたくなるダムだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

上流より堤体を望む。
常用洪水吐はローラーゲート1門。
非常用洪水吐は自由越流式で、堤体を乗り越える。

ダム

常用洪水吐のゲートの左に、発電用の取水口が見える。

ダム

天端を望む。
取って付けた様な天端だった。
もちろん徒歩のみ通行可能。

ダム

下流より堤体を望む。
草木が邪魔でベストショットが撮れなかった。

ダム

天端より上流を望む。
ダム湖は存在しないようだ。

ダム

上流より堤体を望む。
手前の階段状のものは何だろうか。

広告

スペック

ダム名小荒(こあら)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名実川/阿賀野川水系
所在地新潟県東蒲原郡鹿瀬町小荒
位置北緯37度44分34秒 東経139度35分45秒
着工年/完成年/1923年
用途発電
堤高23.0m
堤頂長27.9m
堤体積6,000立方m
流域面積109平方km
湛水面積18ha
総貯水量立方m
有効貯水量立方m
ダム湖名 
管理東北電力(株)
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

磐越自動車道津川ICが最寄りのインターチェンジ。
ICを下り、国道459号線を走る。
6kmほど走ると、鹿瀬大橋にて阿賀野川を渡る。

この橋から4kmほどの所に鹿瀬ダムがあるので、こちらの見学を合わせてお勧めする。
この揚川ダムから先は、阿賀野川に沿って走る。
月名のついたトンネルや橋を越え、10kmほど走ると左手に分岐する小さな小道が現れる。
磐越西線の日出谷駅が見えてからが要注意だ。
その駅から2kmほどの所となる。

その小道に進路を変え、山間部に突入する。
集落を越えると道はやがてダートコースになるが、かまわず直進する。
5kmほど走ると、左手にダム管理事務所(といっても小屋の様相)が見えてくる。
ここが小荒ダムである。
駐車場的なスペースもあるので、ここに車を停めるべし。


TOP > ダム一覧 新潟県 > 小荒ダム カウンター