ダムマニア - Dam Mania -

山口ダム

東京都が管理する上水道用水専用ダム。このダムの水は多摩川の小作取水堰および羽村取水堰より取水され、導水路にてここまで運ばれている。 右岸には取水塔が2基設置されており、第一取水塔は東村山浄水場と境浄水場へ、第二取水塔は村山下ダムへと導水される。

場所柄、常に多くの人が訪れており、バードウォッチングを楽しむ人や、ジョギングを楽しむ人、散歩やボール遊びなどをしている人を多く見かける。 また、ダムのいたる所に案内板や東屋があり、人を寄せ付ける環境が整っている。観光を考えているダムには見習っていただきたい、お手本のようなダムである。

阪神淡路大震災の経験を経て、このダムの耐震性が低いことが判明した。1998年から堤体補強故事をおこない、現在の姿になった。 その工事で、第二次世界大戦中に施工された、爆弾から堤体を守る耐弾層をはがした際、土に埋もれた天端高欄や親柱が発見された。 保存状態が良かったため、現在の天端にそのまま移植されている。

暖かな休日、お弁当を持って出かけたいダムだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

直下より堤体左岸側を眺める。

ダム

同じく、堤体右岸側を眺める。
堤体斜面が遊歩道になっている。

ダム

堤体上流側は、石が埋め込まれたコンクリートで補強されている。

ダム

天端を眺める。
多くの人で賑わっていた。

ダム

天端の所々にある柱と、古風な高欄。
第二次世界大戦中に施工された耐弾層の中に埋もれていたものらしい。

ダム

右岸に展示されている親柱。

ダム

天端より下流面を眺める。
芝生が綺麗な堤体。

ダム

天端より下流を眺める。
左に西武園の観覧車、右に西武ドームが見える。

ダム

同じく下流を眺める。
堤体の一部がサッカー場になっている。
これは2002年の改修時に増設されたもの。

ダム

ダム湖を眺める。
このダムの水は多摩川より取水され、人工的な導水路によってここへ運ばれる。

ダム

右岸に設置されている取水塔。
選択取水機能がある。
ここで取水された水が都民の飲み水となる。

ダム

洪水吐を探したが見つからなかった。
ただ、このような謎の水路出口を発見した。

ダム

謎の水路2。
堤体下流部にあることから、堤体を通過した浸透水の吐口か。

ダム

謎の石碑。

広告

スペック

ダム名山口(やまぐち)ダム
ダム形式アース
河川名/水系名多摩川/多摩川水系
所在地埼玉県所沢市山口
位置北緯35度46分40秒 東経139度24分55秒
着工年/完成年/1934年
用途上水道用水
堤高33.5m
堤頂長716.0m
堤体積2,372,000立方m
流域面積7.2平方km
湛水面積189ha
総貯水量20,649,000立方m
有効貯水量19,528,000立方m
ダム湖名狭山湖(さやまこ)
管理東京都
本体施工者東京都
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位 
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐   

アクセス・ドライブ

西武鉄道西武球場前駅より約1km、徒歩14分。
駐車場がほぼ無いので、電車でのアクセスをおすすめする。


TOP > ダム一覧 埼玉県 > 山口ダム カウンター