ダムマニア - Dam Mania -

宇陰ダム(第一次補修完了後)

2001年11月で10周年を迎える宇陰ダム。
2001年夏の松姫峠でのパンクをきっかけに、大規模補修計画が持ち上がった。
パンクしたフロントタイヤを含む、前輪2本を交換。
また、YAHOOオークションにてダウンサスペンションを購入。
さらに、ダム整備工場のオヤジのアドバイスにてショックアブソーバーも交換。
土台(足まわり)のほとんどを交換するという大規模な修繕をおこなった。

タイヤはヨコハマのDNA-dB。
パンクした前のものと同ランクのものを選んだが、これが失敗だった。
試し放流(走り)で陣馬街道を走ったが、グリップ力は前よりも落ちたような気がした。

サスペンションはR-specというブランドのもの。
結構無名らしい。まあ、安かったからしょうがないだろう。
ダム整備工場でサスペンションの取り付けを眺めさせてもらった。
手で押してみると、いままで宇陰ダムについていた純正のものよりも、多少の固さがあった。
スプリングの長さは、3センチほど短くなっただろうか。

さて、ここで重大疲労発見。
ショックアブソーバーがちゃんと機能していない事が発覚。
13万kmも乗っているのだからしょうがないだろう。
純正ならば翌日には補修完了とのことなので、惜しまず4輪とも交換をお願いした。

翌日の夕方、10年の年月を経過した宇陰ダムの補修が完了した。早速試し運転をする。
平日だったのであまり遠くには行けない。
近場をグルッと一周。宇陰ダムの具合をチェックする。

レインボーブリッジ(一般道)の円周カーブで、見違えるほどの走りを見せた。
今までは外にボヨーンと伸びる感覚を覚えていたが、今は道路にピッタッと張り付く感覚である。
もっと高速でも曲がれそうな気がする。
ショックアブソーバーがどれだけへたっていたかを実感する。

広告

スペック

ダム名宇陰(ういん)ダム
ダム形式フロントエンジン・フロントドライブ型
河川名/水系名カローラ川/トヨタ系
所在地東京都墨田区
位置不明
購入年1991年11月
用途送迎/送客/ダム調査/林道調査/峠調査/買い物
堤高136cm
堤頂長478cm
堤体積不明
流域面積不明
湛水面積不明
総貯水量3,000立方cm
有効貯水量70,000立方cm
ダム湖名だま-ちゃん
管理
本体施工者トヨタ

TOP > ダム一覧 東京都 > 宇陰ダム(第一次補修完了後)