ダムマニア - Dam Mania -

天ヶ瀬ダム

国土交通省所有の多目的ダム。
上流に日本で最大の湖、琵琶湖を抱える淀川水系宇治川にある。
ドーム型アーチ式コンクリートダムという型式で、アーチダムのなかでも群を抜いて美しい曲線美を持っている。

上流に琵琶湖を持つという事で、水量がとても多く、よく放流するというイメージがある。
常用洪水吐からの放流は、吹き出すという表現が相応しい放流。高圧の水が減勢工に叩きつけられるという印象だ。
取材日は雨だったので、放流しているかもしれないと期待したが、残念ながら放流をしていなかった。
このダムから、直下にある関西電力(株)の天ヶ瀬発電所に、最大186.14m3/sもの水が導水されている。
この程度の雨なら、発電所経由で全てまかなえてしまうのだろう。

他、このダム湖は揚水発電の下部ダムにもなっており、喜撰山発電所にて、最大248m3/sの水を利用して、466,000kWの電力を生み出している。
ちなみに、上部ダムは喜撰山ダムである。

放流設備は、非常用洪水吐として、クレスト部にラジアルゲートが4門。
常用洪水吐として、高圧ローラーゲート(?)を3門備えている。
また、一部の非常用洪水吐には、フラップゲートが内蔵されている。

ダム見学においては不自由なく、様々な角度からダムを眺める事ができる。
下流には橋があり、真っ正面からダムを見ることができる。放流時、ぜひともここからダムを眺めてみたいものだ。
また、上からも眺める事もでき、アーチの美しさを堪能する事もできる。
ただ、唯一の欠点としては、駐車場が少ない事だ。
国土交通省直轄のダムという事なので、ここはぜひとも改善して欲しいところだ。

何はともあれ、とてもはんなりとしたダムなので、京都見学の際は、平等院鳳凰堂見学と共に、このダムにも訪れてもらいたいものである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流左岸側より堤体を眺める。
ドーム型アーチ式コンクリート型式の美しいフォルム。

ダム

上部より堤体を眺める。
かなり薄い堤体だった。
天端は徒歩でのみ通行可能。

ダム

下流正面より堤体を眺める。
右に見える建物は、関西電力(株)の天ヶ瀬発電所。
左の建物は、旧発電所。現在は、水理実験施設となっている。

ダム

発電所のアップ。
ダム湖より最大186.14m3/sの水が取水され、92,000kWの電力を生み出す。
発電を終えた水が、勢いよく水が流れ出ていた。

ダム

クレスト部に非常用洪水吐として、ラジアルゲートが4門。
常用洪水吐として、高圧ローラーゲート(?)が3門。

ダム

常用洪水吐のアップ。
綺麗な青色のゲートだった。

ダム

クレストゲートのアップ。
ラジアルゲートが4門で、一部フラップ付きのゲートだった。

ダム

天端より左岸に設置されている天ヶ瀬発電所を眺める。

ダム

下流の様子。
奥に橋が見えるが、そこからの眺めは最高だ。
また、さらに下流には平等院がある。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
鳳凰湖というかっこよい名前。
右に天ヶ瀬発電所の取水口が見える。

ダム

インクライン。
巡視艇は、なんと驚き、ホバークラフトだった。

ダム

右岸より堤体を眺める。
左に天ヶ瀬発電所の取水口、右に管理所が見える。

ダム

クレストゲートのアップ。フラップ付きだ。
常用洪水吐の予備ゲートはごっつかった。

広告

スペック

ダム名天ヶ瀬(あまがせ)ダム
ダム形式アーチ
河川名/水系名宇治川/淀川水系
所在地京都府宇治市槙島町六石
位置北緯34度52分51秒 東経135度49分42秒
着工年/完成年1955年/1964年
用途洪水調節、農地防災/上水道用水/発電
堤高73.0m
堤頂長254.0m
堤体積122,000立方m
流域面積4,200平方km
湛水面積188ha
総貯水量26,280,000立方m
有効貯水量20,000,000立方m
ダム湖名鳳凰湖(ほうおうこ)
管理国土交通省
本体施工者大林組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位 
常時満水位EL 78.5m
制限水位EL 72.0m
最低水位EL 58.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW10.0m×H4.375m×4門680m3/s
常用洪水吐 W3.59m×H4.74m×3門1,110m3/s
低水放流設備ジェットフローゲートΦ1.000m×2条20m3/s
発電所最大使用水量天ヶ瀬発電所(関西電力)186.14m3/s
発電所最大使用水量喜撰山発電所(関西電力)248m3/s

アクセス・ドライブ

京滋バイパス宇治東ICより、府道7号線を宇治方面へ直進。
1.41kmほど走ると、宇治橋を渡る。
渡り終え、次の交差点を左折。府道3号線に入る。
左折してから500mほどのところに、トラップがあるが、府道どおりに左折。
平等院を左手に眺めながら車を進める。

平等院より2.22kmほど走ったところが天ヶ瀬ダムだ。
管理所手前右側に、駐車場とは呼べないが、ちょっとしたスペースがあるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
また、管理所脇の道を左折すると、堤体直下にかかる橋にたどり着く。
こちらもおすすめスポットだ。


TOP > ダム一覧 京都県 > 天ヶ瀬ダム カウンター