ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

美利河ダム

北海道

日本一長い魚道を持つことで知られている美利河ダム。
北海道開発局が管理する多目的ダムで、堤高40m、堤頂長1,480mのコンバインダムである。
これだけ長い堤頂長を持つにもかかわらず、天端は自動車での通行不可。
徒歩での往復になるので見学に30分ほどかかってしまう。
魚道には遡上する魚を観察できる魚道観察室がある。
私はしばらく眺めていたのだが、時期が悪かったせいか遡上する魚は1匹もいなかった。
また、このダムの近隣にはヒグマがあるので要注意だ。
見学の際は十分注意していただきたい。


下流正面より堤体を眺める。
こちらは重力式コンクリートの部分。

コンジットゲートのアップ。
中にローラーゲートのようなものが見える。

上流部よりコンクリート部の堤体を眺める。
非常用洪水吐は自由越流式。
右に選択取水設備が見える。

上流側よりコンクリート部とロックフィル部を眺める。
奥に見える木が茂った部分がロックフィル部。

左岸よりコンクリート部の下流面を眺める。
コンクリート部前面に非常用洪水吐がある感じだ。

堤体直下の副ダムを眺める。
右のへこみはジェットフローゲートの吐き口。
左のへこみは魚道の入口だと思われる。

天端より下流を眺める。

天端を眺める。
コンクリート部は「く」の字に折れ曲がっている。
堤頂長が長すぎて、残念ながらロックフィル部は写っていない。

主放流設備のローラーゲート。

選択取水設備。

ロックフィル部を眺める。
この写真に写っているのはほんの一部。
なにせ、堤頂長が1,480mもある。

魚道には観察コーナーがある。
美利河ダムの魚道は、日本一長い魚道として知られている。

魚道のアップ。
付近に「ヒグマ出没しました」との看板があり、ゆっくり観察していられなかった。

管理所。

できるだけ全景を写すように努力した写真。


おすすめ商品

スペック

ダム名美利河(ぴりか)ダム
ダム型式重力式コンクリート・フィル複合
河川名/水系名後志利別川/後志利別川水系
所在地北海道瀬棚郡今金町字美利河
位置北緯42度28分18秒 東経140度11分48秒
着工年/完成年1975年/1991年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/発電
堤高40.0m
堤頂長1,480.0m
堤体積870,000立方m
流域面積115平方km
湛水面積185ha
総貯水容量18,000,000立方m
有効貯水容量14,500,000立方m
ダム湖名ピリカ湖 (ぴりかこ)
管理北海道開発局
本体施工者清水建設・戸田建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 123.10m
平常時最高水位(常時満水位)EL 119.80m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 114.00m
最低水位EL 110.80m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式
常用洪水吐ローラーゲートW4.0m×H3.5m×2門
放流設備ジェットフローゲート2,000mm×1条
放流設備ジェットフローゲート400mm×1条
選択取水設備シリンダーゲート
発電所使用水量ピリカ発電所(北海道電力)12.6m3/s

コメント

  1. […] 北海道・美利河ダム 新潟県・山本調整池ダム Twitter Facebook0 LINE コピー ダムマニア管理人をフォローする ダムマニア ダムマニア […]

  2. […] ダムマニア・美利河ダム Tweet […]

タイトルとURLをコピーしました