ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

金山ダム

千葉県

鴨川有料道路の脇道にある金山ダム。
芝生が綺麗な堤体が印象的だったが、堤頂部分は立入禁止。


提体を眺める。
右手前に見えるコンクリートは、ダムからの水路。

自由越流式の洪水吐を下流から見る。

上の写真の場所より下流を見る。

湖越しに洪水吐を眺める。
水が無い!

ほとんど水が無くなった金山貯水池。
何かの工事をしていた。


おすすめ商品

スペック

ダム名金山(かなやま)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名金山川/加茂川水系
所在地千葉県鴨川市鴨川町金山
位置北緯35度09分09秒 東経140度04分34秒
着工年/完成年1954年/1962年
用途かんがい用水
堤高28.3m
堤頂長110.0m
堤体積126,000立方m
流域面積5.5平方km
湛水面積21ha
総貯水容量1,800,000立方m
有効貯水容量1,727,000立方m
ダム湖名金山湖(かなやまこ)
管理千葉県
本体施工者清水建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門

アクセス

館山自動車道、姉崎袖ヶ浦ICからのアクセスがよいだろう。
ICを出て、県道24号線を南下、鴨川方面へひた走る。
道は国道410号線と名を変え、さらに国道465号線と名を変える。
国道465線と名を変えてまもなく、この国道は左手に曲がるが、ここを曲がらずに直進。
県道24号線に入り、鴨川方面へ向かう。
左手に片倉ダムを望み、しばらく走ると、道は鴨川有料道路となる。
しぶしぶ200円を払い、有料道路に入る(というか道なり)。
有料道路に入り、2.5kmほど走ると左折する道路があらわれる。
ここを左折。トンネルをくぐり、峠的な下り坂を楽しむと、「金山ダム入口」というバス停が見える。
このバス停脇にある小道を左折。
泣きそうになるぐらい、小さく長いトンネルを抜けると金山ダムに到着する。
左手にダムが見えるが、駐車場など一切無い。
おまけにこの道は、車1台分の林道的な道。
ここに駐車するのをあきらめ、その先のトンネルをくぐると、なんとか駐車することができる空き地があらわれる。
ここに駐車されたし。
なお、その先に赤い吊り橋があるが、この橋を渡ったら泣きを見るだろう。
オフロード車ならまだしも、一般乗用車で行くところではない。


コメント

タイトルとURLをコピーしました