ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

協栄ダム

北海道

北海道所有のかんがい用水専用のアースダム。
堤体は緑で覆われ、これぞアースダムという雰囲気を醸し出している。
天端は残念ながら立入禁止。
左岸には自由越流式の洪水吐を装備しているが、そこまで近づくことはできない。


堤体を眺める。
芝生に覆われた美しい堤体。

天端を眺める。
残念ながら立入禁止。
奥に洪水吐が見える。

左岸に設置されている記念碑。
結構新しく感じた。

洪水吐は自由越流式。
その左に、取水設備が見える。

導流部を眺める。

減勢工と思われる部分。

ダム湖の様子。


おすすめ商品

スペック

ダム名協栄(きょうえい)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名チャシポコマナイ川/常呂川水系
所在地北海道北見市川東
位置北緯43度47分33秒 東経143度58分29秒
着工年/完成年1963年/1965年
用途かんがい用水
堤高18.6m
堤頂長88.0m
堤体積36,000立方m
流域面積5.1平方km
湛水面積7ha
総貯水容量400,000立方m
有効貯水容量385,000立方m
ダム湖名
管理北海道
本体施工者

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門

アクセス

JR北見駅より国道39号線を網走方面へ進む。
13個目の信号を右折し、しばらく走ると、道道122号線となる。
5.91km走ると、直線だった道がくねりだす。
右手に協栄ダムの看板が現れるのでこの通りに右折。
ダート道を600m進むと、右手に協栄ダムが見えてくる。
天端付近が広くなっているので、こちらに車を停めて見学すると良いだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました