ダムカレー、食べに来て下さい
食べに行く!

尾白利加ダム

北海道

北海道開発局が所有するかんがい用水専用ダム。
堤高31.8mのロックフィルダムだが、下流面が草で覆われておりアースダムに見えてしまう。
しかし、一部のロックが露出しているので、ロックフィルダムだと再確認することができる。
リップラップは角が丸まった丸石が使用されており、一般的なロックフィルダムとは異なる雰囲気を持つ。
そして、余水吐は自由越流式。しかし、なんとなくおかしな雰囲気。
よく見ると、越流堤よりも対岸の堤の方が低いのだ。
この構造で大丈夫なのかと思ってしまうが、多分、計算しつくされた上での構造なのであろうと納得する。
なお、減勢工はスキージャンプ式。
間近で見ることができるので、ぜひ堤体を降りて見てみよう。
かんがい用水は、最大6.357m3/sの水を、雨竜町と新十津川町の田畑2,793.50haに供給している。


天端の道路より堤体の階段を降りて堤体を眺める。
ロックフィルダムだが、ところどころに草が生えておりアースダムに見える。
角度によっては石が見えず、完全なアースダムに見えてしまう。

リップラップには丸石が使われている。

長い自由越流式の余水吐。
よく見ると、なんとなく違和感を感じる。

右側がダム湖。
越流堤よりも対岸の堤の方が低い構造。

導流部の先はスキージャンプ式になっている。

その先の河川。
コンクリートで補強してあるっぽい。

天端を眺める。
天端は道道432号線になっている。

ダム湖越しに堤体を眺める。
アースダムの雰囲気。

ダム湖側より余水吐を眺める。
白いラインが越流堤。

伊藤式温水取水塔。

ダム管理所。


おすすめ商品

スペック

ダム名尾白利加(おしらりか)ダム
ダム型式ロックフィル
河川名/水系名尾白利加川/石狩川水系
所在地北海道雨竜郡雨竜町字尾白利加251
位置北緯43度40分12秒 東経141度46分27秒
着工年/完成年1953年/1966年
用途かんがい用水
堤高31.8m
堤頂長233.0m
堤体積389,000立方m
流域面積87平方km
湛水面積120ha
総貯水容量10,979,000立方m
有効貯水容量10,126,000立方m
ダム湖名暑寒湖(しょかんこ)
管理北海道開発局
本体施工者勝村建設

水位

設計洪水位EL 153.21m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 153.02m
平常時最高水位(常時満水位)EL 151.50m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式W14m×1門
取水塔伊藤式温水取水塔

コメント

タイトルとURLをコピーしました