ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

雨竜第一ダム

北海道

北海道電力所有の発電専用ダム。
堤高45.5mの重力式コンクリートダムで、クレスト部に余水吐としてローラーゲートを4門装備している。
雨竜土堰堤ダムと共に朱鞠内湖(しゅまりないこ)というダム湖を形成し、その湛水面積は2,373haにもおよび、日本一の広さである。
このダムで取水された水は、対岸にある取水口より取水され、導水管により約6km離れた雨竜発電所へ送水される。
この発電所にて、最大44.2m3/sの水量を用いて、51,000kWの電気が生み出されている。
また、2013年3月15日より運転を開始した朱鞠内発電所は堤体直下に造られ、最大4.2m3/sの水量を用いて880kWの発電をおこなっている。
ちなみに、この発電所は揚水発電もおこなっている。
堤体間近から発電所敷地内ということで立入禁止だが、何とか全容を写真に収めることができた。
日本一という冠を持ったダムであるので、できれば天端ぐらい解放していただきたいものだ。


下流より堤体を眺める。
堤高45.5mとのことだが、それほど高さを感じなかった。
手前に朱鞠内発電所が見える。

天端への道は発電所内ということで立入禁止。

立入禁止ギリギリの場所から堤体を眺める。
クレスト部に余水吐としてローラーゲートが4門。

展望台より天端を眺める。
ゲート部がくねった発電用ダムに多い造り。

日本一の湛水面積を誇るダム湖を眺める。
複雑に入り組んでいるため広く見えない。

ダムのすぐ右岸にある副堤体と思われるもの。
朱鞠内湖は雨竜土堰堤ダム以外にも副堤体がある。
探せばもっとあるのかもしれない。


おすすめ商品

スペック

ダム名雨竜第一(うりゅうだいいち)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名太釜別川/石狩川水系
所在地北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内
位置北緯44度18分02秒 東経142度10分57秒
着工年/完成年1939年/1943年
用途発電
堤高45.5m
堤頂長216.0m
堤体積188,000立方m
流域面積368.5平方km
湛水面積2,373ha
総貯水容量244,653,000立方m
有効貯水容量172,119,000立方m
ダム湖名朱鞠内湖(しゅまりないこ)
管理北海道電力(株)
本体施工者飛島建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐ローラーゲート4門

コメント

タイトルとURLをコピーしました