ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

三島ダム

千葉県

「えっ、どこにダムがあるの?」と思わせるダム。
私も危なく見落とす所でした。
このダムを見ると、一般的なダムの観念を変えてしまう事でしょう。


自由越流式洪水吐の中央より左側を眺める。
満水で水が溢れている。

上と同じ場所より右側を眺める。
なが~い、洪水吐だ。

洪水吐中央部分と三島湖。
写真右下に放水路がある。


おすすめ商品

スペック

ダム名三島(みしま)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名小糸川/小糸川水系
所在地千葉県君津市梅の木名
位置北緯35度13分14秒 東経140度01分38秒
着工年/完成年/1955年
用途かんがい用水
堤高25.3m
堤頂長127.7m
堤体積98,000立方m
流域面積26.1平方km
湛水面積72ha
総貯水容量5,400,000立方m
有効貯水容量5,210,000立方m
ダム湖名三島湖(みしまこ)
管理小糸川沿岸土地改良区
本体施工者白井建設・清水建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式1門

アクセス

館山自動車道姉崎袖ヶ浦ICからのアクセスがわかりやすいだろう。
ICを出て、県道24号線をひたすら南下し、鴨川方面へ向かう。
道は国道410号線に名を変えるが、かまわず道を突き進む。
22kmほど走ると、ちょっと複雑な道形態になる。
進路としては、そのまま国道410号線を突き進んで行きたいのだが、このまま道を直進すると、国道465線に入ってしまう。
そこで、案内標識に従い、一時国道を外れる小道に右折する。
その小道を少々走ると、道はすぐに国道410号線に合流する。
この国道410号線を、先程と同じように南下する。
6kmほど走ると国道465号線と分岐するが、かまわず国道410号線を直進する。
この分岐から500mほど走ると、三島ダムに向かう道が左手にあらわれる。
ここを左折。すぐに三島ダムがあらわれる。
ダムといっても、まったくもってダムに見えないので注意。
左手にダム管理事務所が見えるので、それを頼りに探すとよいだろう。
また、右手には広い駐車場があるので、ここに車を停めることができる。
なお、付近に高滝ダム・片倉ダム・亀山ダム・豊英ダムがあるので、こちらの見学もあわせてお勧めする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました