ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

第2袋倉ダム

千葉県

はじめに書いておきますが、残念ながらこのダムにはたどり着けませんでした。
ですので、訪問時の足取りを紹介させていただきます。

ダムまでの道は険しく、危険を感じる道でした。
細い林道を突き進むと、やがて道は未舗装になります。
路面もだいぶえぐれていて、川状になっているところもありました。
大きな落石や木が、道を容赦なく塞ぎます。
左手は切り立った岩、右手は袋倉川の深い谷でした。
もちろんガードレールなんてありません、運転を誤ると谷にまっしぐらです。

途中で何度も引き返そうと思いましたが、Uターンする場所も無く、
そのまま前進するしかありませんでした。

もう精魂ともに尽きた頃、目の前にダムが見えてきます。
やっと着いたと思いきや、これは第1袋倉ダムでした。

第1袋倉ダムからは、徒歩での散策となります。
ぬかるんでいる悪路を、ダム湖に沿ってひたすら進みます。

ダム湖にかかる橋を渡り、しばらくすると道は二手に分かれます。
左の道はすぐに行き止まりとなりました。(私にはそう見えた)
右の道を選択し、さらに奥へと進みます。

やがて目の前に薄暗いトンネルが現れます。
もちろん街灯なんてありません。
このために装備した懐中電灯を取り出し、トンネル内に進みます。

情報によると、このトンネルにはコウモリとヒルがいるそうです。
幸い訪問日が冬場だったので、ヒルはいませんでした。
天井をライトで探ってみましたが、コウモリもいませんでした。

トンネル内は水が貯まり、足下をすくいます。
踏みしめた足が泥にはまってなかなか抜けません。
ほんの20mほどのトンネルでしたが、ものすごく長く感じました。

やっとの思いでトンネルを抜けました。
ここからダムまでは、そう距離はないと聞いています。
新たな気力が沸いてきました。
さぁ、もう一息だ。頑張るぞ!
気分一新、さらに奥に進もうとしたその時です。

・・・道がない・・・

左脇をよく見ると、崖っぷちに沿って獣道の様なものがありました。
道というよりは、とりあえず踏み分けられた跡があるという感じでした。
私は迷いました。
こんな険しいとは思ってもいなかったのです。
ですので、装備は軽装。靴もそれなりのものを履いてこなかったのです。
もし足を滑らしたら、間違いなく崖下に真っ逆さまです。
私は決断しました。

帰ろう・・・

ということで、第2袋倉ダムにたどり着くことはできませんでした。


この踏切から全てが始まる。
踏切名は「袋倉踏切」。
この先、ダムまでず~っと一車線。

進行方向右手には広大な太平洋が広がる。
手前の陸橋は国道128号線バイパス。

右に見えるのは最後の民家か。
ここから谷に入ってゆく。

徐々に雰囲気が出てくる。
舗装はここで終わる。
(逆方面を撮影)

ついに始まりました。
右は谷です。
もちろんガードレールなんてありません。
ハンドルを誤れば転落です。

第1袋倉ダムに到着です。
天端より下流を眺めます。
手前は天端のガードレールです。

さて、第2袋倉ダムを目指して進みます。
ここから先は徒歩です。
道を見ると、徒歩で正解だったと頷けます。

振り返り、堤体を眺めます。
道は第1袋倉ダムの貯水池に沿っているようです。

どうやらここは水源林らしいです。
鴨川市民の水瓶です。

振り返り、第1袋倉ダムの貯水池を眺めます。
先ほど通った道が見えます。

道の様子はこんな感じです。
貯水池があるので光が差し込み、明るい雰囲気です。

道は、だんだんと高度を上げてきました。
貯水池が遠くなってゆきます。

やがて道は貯水池から離れ、山中に入ります。
木々に包まれ道は薄暗くなってきます。

しばらく歩くと、道は二手に分かれます。
左を選択すると、この通り行き止まりです。
・・・行き止まりですよね?!

右を選択するとこの通り。
遠くにトンネルが見えます。

トンネルのアップです。
このトンネルを抜けるとダムはもう間近です。

残念ながら写真はここまでです。
今思えば、もっと写真を撮っておけばよかったと後悔しています。
あの時は、ぬかるんだ道や、真っ暗なトンネルを歩くことに必死で、それ以外のことを考えられませんでした。
トンネル内の様子や、トンネルを抜けると道がないシーンは、絶好の撮影ポイントだったと思います。
悔やんでも悔やみ切れません。

次回は必ず第2袋倉ダムにたどり着きます。
写真もいっぱい撮ってきます。
ということで、次回のレポートにご期待下さい。


おすすめ商品

スペック

ダム名第2袋倉(だいにふくろくら)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名袋倉川/二夕間川水系
所在地千葉県鴨川市東町字袋倉谷1848-2
位置北緯35度08分49秒 東経140度07分39秒
着工年/完成年1970年/1971年
用途上水道用水
堤高24.3m
堤頂長54.0m
堤体積8,000立方m
流域面積3.3平方km
湛水面積6ha
総貯水容量410,000立方m
有効貯水容量400,000立方m
ダム湖名 
管理鴨川市
本体施工者久保田建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐

アクセス

鴨川市街地からのアクセス方法を記載させてもらう。
市街地から国道128号線を勝浦方面に走る。
2kmほどで左手に亀田病院が見えてくる。
そしてすぐに、道は旧道と新道に分かれる。
ここは旧道を選択。
立体交差の下道を選択するかたちになる。
旧道を選択し、一つ目の細い路地を左折する。
ホテルの脇を抜け、袋倉踏切をわたる。
ここから先は、ひたすら走り続けるのみである。
落石・ぬかるみに注意しながら走ってほしい。
3kmほど走ると右手に第1袋倉ダムが見えてくる。
堤体の脇にスペースがあるので、ここに車をとめる。
根性がある人は、もう少し先まで車で行くと良いだろう。
この先は徒歩。
貯水池に沿って道があるのでひたすら進む。
橋を渡り、しばらく歩くと分かれ道にさしかかる。
ここは進路を右に取る。
すぐにトンネルが現れるので、ひたすら直進。
トンネルから先は未開の地である。
トンネルを出ると崖っぷちである。
どうやら左に道らしきものがある。
この道を通って行くらしいが、この先は不明。
後日また調査予定。
長靴・懐中電灯は必需品である。
また、夏場はヒルが出るそうなので、それなりの対策が必要らしい。


コメント

  1. […] 本当にこの先にダムがあるのだろうか。(千葉県第2袋倉ダムにて) […]

タイトルとURLをコピーしました