ダムマニア - Dam Mania -

宇連ダム

水資源機構が管理する、治水機能を持たない多目的ダム。このダムの水は、かんがい用水・上水道用水・工業用水を目的として、豊川用水にて渥美半島へと運ばれる。
堤体は堤高65mの重力式コンクリートダムで、クレスト部に余水吐としてラジアルゲートが3門、表面取水設備からの放流をおこなうためのハウエルバンガーバルブが2条、小規模な同バルブが1条設置されている。

このダムの特徴は、何といっても、巨大な表面取水設備であろう。3階建てとのことだが、一般的な建物に換算すると5階建てに相当する。 なぜこの様に巨大なのかというと、洪水調節用ダムとは異なり、水の上層部まで取水するためだという。 利水ダムは、常時満水位が高く設定されており、治水ダムよりも水位が高い傾向にある。このため、表面取水設備の設置位置は、おのずと高くなるわけである。

天端は日中のみ開放されているので、早朝や夕方の訪問は避けた方がよいだろう。また、近隣に大島ダムがあるので、こちらの訪問も合わせておすすめしたい。

ダム

下流より堤体を眺める。
ほどよく放流中だった。
天端にそびえる表面取水設備の大きさが気になる。

ダム

クレストゲートのアップ。
ラジアルゲートが3門設置されている。

ダム

天端を眺める。
自動車通行不可。

ダム

天端から放流しているラジアルゲートを眺める。

ダム

天端より直下を眺める。
右はクレストからの導流部。
中央の建物はバルブの機械室。

ダム

天端より下流を眺める。
あの山の先に町がある。

ダム

巨大な表面取水設備。
現在リニューアル中。

ダム

通常の放流をおこなうバルブ群。

ダム

バルブのアップ。
両脇にハウエルバンガーバルブ。
見えないが、中央に小規模ハウエルバンガーバルブ。

ダム

減勢工のアップ。
奥が余水吐からのもの。
手前がバルブからのもの。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
平日にもかかわらず、意外と観光客が多かった。

広告

スペック

ダム名宇連(うれ)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名宇連川/豊川水系
所在地愛知県新城市川合
位置北緯35度00分32秒 東経137度38分55秒
着工年/完成年1949年/1958年
用途かんがい用水/上水道用水/工業用水
堤高65.0m
堤頂長245.9m
堤体積273,000立方m
流域面積174平方km
湛水面積123ha
総貯水量29,110,000立方m
有効貯水量28,420,000立方m
ダム湖名鳳来湖(ほうらいこ)
管理水資源機構
本体施工者西松建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
満水位EL 229.15m
制限水位-
最低水位EL 178.85m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐ラジアルゲートW5.0m×H5.5m×3門 
主放流用バルブハウエルバンガーバルブφ1.35m×2条61.8m3/s
小放流用バルブハウエルバンガーバルブφ0.4m×1条
表面取水設備多段式ローラーゲート  

アクセス・ドライブ

三遠南信自動車道鳳来峡ICより、国道151号線を北上、東栄方面へ進む。
200mほど走ると、左に分岐する道が現れる。ここを左折。鳳来湖という看板が出ているので見落とすことは無いだろう。
300mほど走ると、左に道が分岐する。ここを右折。
あとはそのまま2.12km進めばよい。
ダムサイトに駐車場があるので、こちらに車を停めて見学すると良いだろう。


TOP > ダム一覧 愛知県 > 宇連ダム カウンター