ダムマニア - Dam Mania -

矢木沢ダム

矢木沢ダムは、利根川水系で一番大きなダムで、関東地方の主力水瓶である。
撮影日は2001年8月で、取水制限がおこなわれている最中だった。
そのため矢木沢ダムの貯水量は30%と、ダムの底が見えそうな微々たる水しか残っていなかった。
次回は春の雪解け水をねらって、水量が多いときに訪れてみたい。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

アーチ型の美しい矢木沢ダム。
東京都などの巨大な水瓶だ。

ダム

この急勾配の水路を通り、水が放流される。
渇水のため、その様子を見ることが出来なかった。

ダム

湖側からダムを見る。
渇水のため水門にも水が届かない。
通常はコンクリートの色が変わっている所まで水があるはず。

ダム

矢木沢ダムに行く途中にあるジャンプ台。
洪水吐から流れてきた水は、ここで大ジャンプ。
シーズンには間近で見られるらしい。

ダム

奥利根湖より堤体を眺める。
超渇水の様子が伺える。

ダム

「水資源開発公団」の矢木沢ダム。
この写真は多分貴重な写真になるはず。

現在は、「独立行政法人水資源機構」になってしまった。

ダム

奥利根湖全景。下手くそな合成パノラマでごめんなさい。

ダム

天端よりダム湖を眺める。ほぼ満水のダム湖。2004年5月15日撮影。

広告

スペック

ダム名矢木沢(やぎさわ)ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名利根川/利根川水系
所在地群馬県利根郡みなかみ町藤原字矢木沢
位置北緯36度54分41秒 東経139度03分23秒
着工年/完成年1959年/1967年
用途洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/灌漑用水/上水道用水/発電
堤高131.0m
堤頂長352.0m
堤体積570,000立方m
流域面積167.4平方km
湛水面積570ha
総貯水量204,300,000立方m
有効貯水量175,800,000立方m
ダム湖名奥利根湖(おくとねこ)
管理水資源機構
本体施工者熊谷組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 854.5m
常時満水位EL 850.0m
制限水位-
予備放流水位-
最低水位EL 796.5m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐越流型二段式ローラーゲートW9.5m×H10.4m×2門1,300m3/s
常用洪水吐ローラーゲートW2.6m×H2.5m×1門42m3/s
常用洪水吐ホロージェットバルブΦ1.65m×1条42m3/s
発電所最大使用水量矢木沢発電所(東京電力)300m3/s

アクセス・ドライブ

関越自動車道水上より国道291号線を北上、湯檜曽駅手前を右折で県道63号線に入る。
時間に余裕があれば、そのまま国道を北上し、291号線の末端まで行ってみる価値はある。
目の前に広がる谷川山系が素晴らしい。是非ともお勧めしたいスポットだ。
またその途中にある、土合という駅に立ち寄ってもらいたい。
ここは長い階段がある駅で有名である。

しばらく行くとショートカットの町道(?)を行くか、そのまま県道を行くかを選ぶ交差点にさしあたる。
ここも時間があればそのまま県道を直進し、利根川を眺めながらドライブを楽しんだ方が良いだろう。
途中、藤原ダムの藤原湖を眺めることができる。

道は再びショートカットの町道と先ほどの県道が合流し、3kmほど走るとテプコの資料館へ通じる道へと分かれる。
ここでいったん県道とお別れし、資料館方面へ向かう。
しばらく走ると、資料館と須田貝ダムが現れ、そのすぐ先で道がゲートで遮断される。
ゲート脇には小屋があり、そこで受付を済ませるとゲートを開けてくれ、先に進むことが出きる。

最近舗装されたのであろうか、山の中とは思えないほどの綺麗な二車線(中央線はない)道路が続く。
適度なカーブがあるため、私としても非常に楽しめる道である。
平均80km/hぐらいで走れるだろうか。

その道をかっ飛ばしていると、遠目に矢木沢ダムが見え始め、道は左折する。
そうすると、巨大なウォータースライダーのような物が現れる。
他の文献によると、これはダム水の放流溝とのこと。
ここから水が放流されている所をぜひ見てみたい。

そこからまもなくして矢木沢ダムが現れ、無事到着である。
オプションとして、隣の奈良俣ダムの見学もお勧めする。

観光施設

施設名矢木沢ダム資料室(ネイチャービュー矢木沢)
開館時間9:30~16:30
休館日冬期
入館料無料
堤体内・発電所見学不明
ホームページ 

TOP > ダム一覧 群馬県 > 矢木沢ダム カウンター