ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

大仁田ダム

群馬県

群馬県の大仁田川総合開発事業の一環として建設されたダム。
林道好きが好む御荷鉾林道を遮り、2001年に完成した。
ダムまでの案内の標識がなく、近隣にはその存在感が薄そうである。
しかし、堰堤真下にかかる橋から見上げた、霧の中にそびえ立つ姿は壮観。


重力式コンクリートの大仁田ダム。
雨だったので遠くが霞んでいる。

下流より堤体を眺める。
常用洪水吐より放流中。
非常用洪水吐は、自由越流式が4カ所。

天端を眺める。
右の三角屋根の建物は、
多分利水用ゲートの操作部分か?

天端より直下を眺める。

2001年に完成しただけあって、
まだコンクリートの色が白く美しい。

ゲート群のアップ。
自由越流式の非常用洪水吐が4門。
常用洪水吐が1門。

下流より堤体を見上げる。
そう高さはないが迫力を感じる。

天端より大仁田湖を眺める。
堤体の大きさのわりには小さなダム湖だった。


おすすめ商品

スペック

ダム名大仁田(おおにた)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名大仁田川/利根川水系
所在地群馬県甘楽郡南牧村大字大仁田
位置北緯36度08分11秒 東経138度41分08秒
着工年/完成年1990年/2001年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高54.4m
堤頂長163.0m
堤体積123,000立方m
流域面積4.4平方km
湛水面積3ha
総貯水容量437,000立方m
有効貯水容量283,000立方m
ダム湖名大仁田湖(おおにたこ)
管理群馬県
本体施工者奥村組・錢高組・上原建設

水位

設計洪水位EL 691.9m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 690.1m
平常時最高水位(常時満水位)EL 679.1m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 676.1m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐クレスト自由越流H1.8m×B8.0m×4門 
常用洪水吐オリフィス自然調節H2.1m×B2.1m×1門 
利水放流設備ジェットフローゲートΦ0.1m×1条 

アクセス

関越自動車道本庄児玉インターより、国道462号線を神泉町・十石峠方面にひたすら進む。
途中、何カ所かトラップがあるが、引っかからないように標識に注意して欲しい。
10kmほど走ると道は県境を迎え、群馬県に突入する。
県境から5kmほどで、鬼石の市街地に入る。ここからが要注意である。
県道177号線との交差点があるので、ここを右折。
そこから4kmほど走る。
やがて左手に、御荷鉾林道があらわれるので、この林道の突入する。
あとはただ、ひたすら真っ直ぐ35kmほど走る。
長い長い林道である。晴れた日はとても良い景色らしいが、私が訪問する日はいつも雨である。
石神峠・塩沢峠・塩ノ沢峠を越え、相当体力を消耗し、精根尽きる頃に大仁田ダムに到着する。
また、下久保ダムを通る国道462号線からのアクセスもあるが、ここでは割愛させてもらう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました