ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

本河内高部ダム

長崎県

本河内高部ダムは1891年に完成した、堤高18.8mの上水道用水専用アースダム。
国内初の近代水道ダムと誕生した輝く歴史を持つ。
しかし、1982年に起きた長崎大水害をきっかけに、このダムに洪水調節機能を持たせるべく、すぐ上流にコンクリートダムが建設された。
旧堤体(アースダム)と新堤体(重力式コンクリートダム)の間は土で埋められ一体化し、その土の上は公園となった。
その公園には多くの人が訪れ、思い思いの時間を過ごしていた。
なお、新堤体の下流面は土の中に埋もれてしまっているため、その姿を見ることができなくなっている。


現地の看板より。
左が下流側。
左が旧堤体、右が新堤体。
その間は土で埋められ、その上部は公園になっている。

その公園より新堤体を眺める。
ちょっとだけ見える部分が新堤体。

公園の下流端。
柵の先(右側)が旧堤体の天端。

新堤体を左岸ダム湖側より眺める。
奥に自由越流式の洪水吐が見える。

天端を眺める。
自動車通行止。

天端より直下を眺める。
公園の末端が旧堤体の天端。

自由越流式の洪水吐。
直線&曲線で構成されている。

洪水吐からの導流部。
直下には住宅街が広がっている。

堤体に装備されている取水塔。
ダム湖の中に曝気装置が見える。

取水塔のアップ。

右岸にも取水設備がある。
左に見えるコンクリートは洪水吐。

天端よりダム湖を眺める。
ダム湖は大きく二つに裂けている。

曝気装置のアップ。

新旧堤体の間の公園より下流を眺める。
右のコンクリートは洪水吐からの導流部。
緑の草むらは旧堤体。

ダム管理所。


おすすめ商品

スペック(旧堤体)

ダム名本河内高部(ほんごうちこうぶ)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名中島川/中島川水系
所在地長崎県長崎市本河内三丁目
位置北緯32度45分15秒 東経129度54分33秒
着工年/完成年1886年/1891年
用途上水道用水
堤高18.8m
堤頂長127.3m
堤体積立方m
流域面積3.5平方km
湛水面積5ha
総貯水容量361,000立方m
有効貯水容量335,000立方m
ダム湖名
管理長崎市
本体施工者長崎市

スペック(新堤体)

ダム名本河内高部(ほんごうちこうぶ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名中島川/中島川水系
所在地長崎県長崎市本河内三丁目
位置北緯32度45分15秒 東経129度54分35秒
着工年/完成年1983年/2006年
用途不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高28.2m
堤頂長158.0m
堤体積54,000立方m
流域面積3.5平方km
湛水面積5ha
総貯水容量496,000立方m
有効貯水容量386,000立方m
ダム湖名本河内高部水源池 (ほんごうちこうぶすいげんち)
管理長崎県
本体施工者奥村組・星野建設・小山建設

水位

設計洪水位EL 92.500m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 91.200m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 82.400m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式1門

コメント

タイトルとURLをコピーしました