ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

長島ダム

静岡県

大井川に2001年に完成した、まだ新しいダム。
地域に開かれたダムとして指定され、一般のダムよりも開放的な管理をしている。
管理棟の中と、下流の公園に2つの資料館を持ち、じっくりダム見学をすると、2時間あっても足りないくらい見所が多い。
ダム直下は公園になっていて、天気の良い日には、ゆっくりと散歩をしてみたいと思わせるダムである。
また、平日ならば堤体内見学もできるので、一度は訪れてもらいたいダムのひとつである。
このダムの常用洪水吐は6門もあり、1門あたり995m3/sの量が吐ける。
非常用洪水吐の分もあわせると、6,000m3/s以上の放流が可能である。
しかし、これだけの量を放流してしまうと、下流が大洪水になってしまうとのことである。
もちろん、下流の護岸整備が整えば洪水になることはない。
下流の整備が、一刻も早く終わることを願う。
このダムは、とても近代的なデザインで、かつ、機能的である。
外観はゴツゴツしていてスマート感は無いが、中に入ってみると、とても機能的に造られている事に感心する。
内部にはいくつもの大部屋があり、点検整備などが楽に行えるよう工夫されている。


山の中にいきなり現れる。
場違い的な近代的デザインが目を引く。

常用洪水吐を6門、非常用洪水吐を2門を装備する。
右下の放流は、自家発電用の施設からの放流。
常用洪水吐は、995m3/s×6門の放流能力で、
日本最大らしい。(2003.4.24現在)

提体上より下流を見下ろす。
減勢工は2段構造のようだ。

ダム湖には、水を対流させるための噴水が設置されている。
運がいい人は見ることが可能。

提体を見る。
そう高さは感じない。

提体上を眺める。
徒歩でのみ通行可能。


おすすめ商品

スペック

ダム名長島(ながしま)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名大井川/大井川水系
所在地静岡県榛原郡川根本町梅地
位置北緯35度09分58秒 東経138度09分19秒
着工年/完成年1972年/2001年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水/工業用水
堤高109.0m
堤頂長308.0m
堤体積861,000立方m
流域面積534.3平方km
湛水面積233ha
総貯水容量78,000,000立方m
有効貯水容量68,000,000立方m
ダム湖名接岨湖(せっそこ)
管理国土交通省
本体施工者前田建設工業・清水建設・竹中土木

水位

設計洪水位EL 480.50m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 480.00m
平常時最高水位(常時満水位)EL 470.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 453.00m(6月16日~10月15日)
最低水位EL 432.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW6.8m×H11.25m×2門800m3/s
常用洪水吐高圧ラジアルゲートW5.0m×H6.4m×6門6,000m3/s
低水放流設備ジェットフローゲートΦ1.50m×1門20m3/s
水位維持管理用放流設備ジェットフローゲートΦ2.15m×1門60m3/s

アクセス

東名自動車道静岡ICより、県道を国道1号線方面へ向かう。
1号線を通り過ぎると、国道362号線への道案内があるので、その指示に従う。
市街地を通り過ぎると、長い長いワインディング道路の始まり。1車線~2車線の山道が続く。
低速コーナーや高速コーナー、ヘアピンカーブなどが各所にあり、とても楽しめる道である。
20kmほど走ると、大井川沿いの町「千頭」に入る。
千頭の街中で国道はT字に左折しているが、ここを右折。県道77号線に入る。
ダムのために整備されたと思われる、大変きれいな道を高速で走行すると、やがて道は二又に分かれる。
県道はそのまま寸又峡温泉に向かって続いているが、もう一方の道、畑薙方面に向かって進行する。
やがて、目の前に突然長島ダムの堤体が現れる。
堤体が見える場所のちょっと手前に、「ふれあい館」があるので、ここを見学すべし。
とても親切にダムの説明をしてくれる。
この施設でダムについて勉強をした後、ここの駐車場に車を置き、提体まで散歩するとよいだろう。
提体の前につり橋があり、徒歩で渡ることが出来る。
もちろん、提体上も自由に散歩可能。
このダムの見学にあわせて、更に上流の井川ダム・畑薙第一ダム・畑薙第二ダムの見学もセットでお勧めする。


コメント

  1. […] ダムマニア・長島ダム Tweet […]

タイトルとURLをコピーしました