ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

白石ダム

千葉県

銚子市が所有する上水道用水専用のダム。
とても奇麗なアースダムで、見る者の心を安らがせる。
堤高は19.5mだが、裾にゆくにつれ傾斜が緩くなっている構造なので、あまり高くは見えない。
堤体は芝生に覆われ、美しく整備されている。傾斜の造りからして、子供たちに芝滑りをしてもらうことを望んでいるのだろうか。
近辺にはいくつもの風車が設置されていて、開放感ある場所となっている。
堤体にゴロンと寝そべると、成田空港を離発着した飛行機が間近に見える。
暖かく、よく晴れた日にぶらっと訪問してみたくなるダムだ。


下流左岸より堤体を眺める。
芝生が綺麗だ、、綺麗すぎる!

下流堤体中央より堤体を眺める。
手前の芝生も堤体、奥の陰になった部分も堤体である。

天端右岸側より下流を眺める。
綺麗だ・・・

右岸にある公園より堤体を眺める。
実に絵になるアースダムだ。

天端を眺める。
風車がある風景とよく似合う天端。
空を見上げると飛行機の姿が。

先ほどと同じような写真だが、綺麗だから多数掲載したくなる。

ダム湖側はこんな感じ。
コンクリートで補強している。

天端よりダム湖を眺める。
こちらにも風車がある。

左岸に設置されている取水塔。
銚子市民の飲み水を確保する。
ダム湖には鴨が多数生息していた。

左岸に設置されている自由越流式の洪水吐。

洪水吐からの導流部と思われるもの。
位置的におかしな場所にあるが、それらしいものはこれ以外に無かった。
ということで、もしかしたら間違えかもしれない。

上の写真の下流側。
直角に折れ曲がっている。

そのさらに下流。


おすすめ商品

スペック

ダム名白石(しらいし)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名高田川/利根川水系
所在地千葉県旭市
位置北緯35度44分10秒 東経140度44分43秒
着工年/完成年1954年/1958年
用途上水道用水
堤高19.5m
堤頂長100.5m
堤体積64,000立方m
流域面積13.2平方km
湛水面積ha
総貯水容量800,000立方m
有効貯水容量800,000立方m
ダム湖名 
管理銚子市
本体施工者岡田土建

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門

アクセス

東関東自動車道潮来ICより、水郷道路を銚子方面に直進、料金所でお金を払う。
ただし、この料金所はETCが使えないので注意が必要だ。
そのまま直進すると、国道124号線になるので、かまわず直進。
15kmほど走ると、「利根かもめ大橋」の看板が見えてくる。
この通りに右折、料金を払い、利根かもめ大橋を渡る。
ただし、この料金所もETCが使えないので注意が必要だ。
また、1万円札も使えないので、なおさらの注意を要する。
利根川を渡り終え、すぐに左折。そしてすぐに右折する。
すぐに国道356号線との交差点にさしかかるので、ここを左折。
そして、100mほど進んだところを右折。
この道はとても細い道なので、見逃さないよう注意してほしい。
目印は、「猿田神社」の小さな看板である。
あとはそのまま道なりに進む。
2回、踏切にて線路を渡ると、右手に猿田駅が見えてくる。
猿田駅を過ぎると間もなく、道はY字路で二手に分かれる。ここは左折。
そのまま直進すると、防衛省の施設に突き当る。
防衛省の2本手前にある道を左折。
もう右手には白石ダム湖がある。
あとは、適当なところを右折すれば、白石ダムに到着する。
駐車場は無いが、堤体を渡りきったところが多少広くなっているので、こちらに車をとめて見学するとよいだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました