ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

軍茶利ダム

千葉県

まさにひっそりと佇んでいるという雰囲気のアースダム。
田舎のダムにありがちな、放置されている雰囲気かと思いきや、堤体の芝生などは綺麗に整備されていて、ちょっとした美しさを感じた。
また、このダムは、地図上ではゴルフコースの中に位置しているが、別の脇道があるため、自由に見学が可能だった。


天端を眺める。
洪水吐の工事中のため立入禁止だった。
残念。

ダムサイトよりダム湖を眺める。
水はほとんど抜いてあるようだ。

ダム湖を眺める。
ダム湖の奥はゴルフコース。
小さな貯水池だった。

天端より直下を眺める。
この写真の右に洪水吐の導水路がある。
直下の小川の石は新しかった。

工事中の洪水吐。
どんな工事をしているのだろうか。
気になる。


おすすめ商品

スペック

ダム名軍茶利(ぐんだり)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名北川尻川/一宮川水系
所在地千葉県長生郡一宮町東浪見柴木沢
位置北緯35度21分00秒 東経140度22分10秒
着工年/完成年/1935年
用途かんがい用水
堤高15.1m
堤頂長106.2m
堤体積18,000立方m
流域面積0.5平方km
湛水面積3ha
総貯水容量306,000立方m
有効貯水容量275,000立方m
ダム湖名 
管理一宮町東部土地改良区
本体施工者 

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐

アクセス

茂原から国道128号線を南下し、一宮町を目指す。
8kmほど走ると茂原市街地に入る。
市街地を抜けると、JR外房線との陸橋にさしかかる。
この陸橋からちょうど1km先の辺りに、右折できる細道がある。
ここを右折。東浪見寺へ向かう道である。
右折するとすぐに踏切をわたる。
そして、目の前に参道の階段が現れる。
この階段の左側に、さらに奥に続く道がある。
ここから500mほど走ると、左側に軍茶利ダムが現れる。
天端付近に駐車が可能なので、ここに車をとめて見学するとよいだろう。
また、付近に雨竜ダムもあるので、こちらの見学もあわせておすすめする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました