ダムマニア - Dam Mania -

大野頭首工

頭首工という聞き慣れない名前が付いたダム。頭首工とは、河川の水を用水路に引き入れるための施設を指す。 堤高が26mの重力式コンクリートダムで、ダムと名乗っても全く問題ないのだが、大人の事情、頑ななプライドの事情でダムとは名乗っていない。 このサイトはダムのサイトなので、ここでは頭首工と呼ばず、ダムと呼ばせてもらうことにする。

豊川用水の取水のために造られたダムで、ここで取水された水は、遠く渥美半島の先まで運ばれている。 取水量は最大30m3/sで、田植えが始まる春に最大量をむかえるとのこと。このダムおよび、豊川用水の完成以来、渥美半島の暮らしは飛躍的に改善されたらしい。

特徴は、頭でっかちなゲート機械室であろう。不安定なまでに大きな機械室で、耐震性を疑ってしまう。まぁ、その点は十分に検討されていると思うので、大丈夫だろう。
また、右岸に設置されている魚道も魅力的である。階段式魚道で、かなり立派なものである。 魚道とダム湖をつなぐ部分は、ダム湖水位の関係でかなり大きな落差が生じる場合もあるため、閘門式が採用されている。

ダム

下流を眺める。
頭でっかちなダム。

ダム

豊川用水の取水部(手前)と堤体(奥)。
ここからはるばる、渥美半島の先まで水が運ばれる。
取水量は最大30m3/s。

ダム

豊川用水の起点。
現在の取水量は8m3/sとのこと。

ダム

豊川用水を眺める。

ダム

左岸より堤体を眺める。

ダム

頭でっかちなダム。

ダム

天端より下流を眺める。
減勢工が複雑な造りになっているのは、魚のため。

ダム

両側のローラーゲートには、この様にフラップが内蔵されている。

ダム

フラップからの放流。

ダム

右岸に設置されている魚道。

ダム

真横より堤体を眺める。
頭の大きさがわかるだろう。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。

広告

スペック

ダム名大野頭首工(おおのとうしゅこう)
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名宇連川/豊川水系
所在地愛知県新城市大野
位置北緯34度56分37秒 東経137度35分59秒
着工年/完成年/1961年
用途かんがい用水/上水道用水/工業用水
堤高26.0m
堤頂長66.2m
堤体積28,000立方m
流域面積429.25平方km
湛水面積16ha
総貯水量1,096,000立方m
有効貯水量906,000立方m
ダム湖名 
管理水資源機構
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位EL 78.00m
制限水位-
最低水位EL 68.20m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート1門 
洪水吐フラップ付きローラーゲート2門 

アクセス・ドライブ

三遠南信自動車道鳳来峡ICより、国道151号線を南下、新城方面へ進む。
9.83kmほど走ると、明治橋西という交差点が現れる。
ここからが要注意。
200mほど進んだところに、右手に分岐する道が現れるので、ここを右折。
そのまま200mほど進むと、大野頭首工が右手に現れる。
駐車場は有りそうで無さそうな雰囲気だが、交通量は少ないため、適当に車を停めて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 愛知県 > 大野頭首工 カウンター