ダムマニア - Dam Mania -

不破北部防災ダム

洪水調節専用のセンターコア型アースダム。
堤体下流側は綺麗な芝生で覆われていて、手入れをされたアースダムならではの美しさがある。
農林水産省の補助事業で着工され、岐阜県が管理者となっている。
そのため、アースダムのわりには立派な洪水吐を持ち、また、オブジェなども多数配置されている。

放流施設としては、非常用洪水吐として自由越流式のものが1カ所、常用洪水吐(河川維持用?)としての取水口が1カ所ある。
非常用洪水吐の形状は弧を描いた形となっており、丸みを帯びたデザインがたまらなく美しい。
このダムの価値はここにありと言っても良いぐらいだ。

小さなダムだが、この地域に行ったらぜひとも見学してもらいたいダムのひとつだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
大きな洪水吐と、芝生で覆われた美しい堤体が印象的なアースダム。

ダム

下流右岸側より堤体を眺める。
手入れされたアースダムはとても美しい。
堤体に「明神湖」と書いてある。

ダム

天端を眺める。
自動車の通行可能。
サイクリングコースらしく、自転車でダム湖のまわりを周回している人を多数見受けた。

ダム

天端から直下まで階段で降りられる。

ダム

天端より下流を眺める。

ダム

非常用洪水吐は自由越流式。
扇形のデザインや、コンクリートの切り立ち具合ががたまらなく美しい。

ダム

別のアングルから。
この形状は、スケボーの練習にもってこいだ。

ダム

非常用洪水吐からの導流部。
ダム湖のわりには大きな導流部。

ダム

上記写真の先、シュート部。
これだけ見ると、ロックフィルダムと勘違いする大きさ。
右から出ている水は、取水口から取水された水。

ダム

下流河川の様子。
あの洪水吐から水が流れ出したら、ここはどうなってしまうのだろうか。

ダム

左岸真横より堤体を眺める。
手前は自由越流式の洪水吐。
こちらから見るとロックフィルダム。

ダム

常用洪水吐(河川維持用水?)の取水口。
近づけなかったので、仕組みがわからなかった。

ダム

右岸より堤体を眺める。
奥に非常用洪水吐と取水口が見える。

広告

スペック

ダム名不破北部防災(ふわほくぶぼうさい)ダム
ダム形式アースダム
河川名/水系名岩手川/木曾川水系
所在地岐阜県不破郡垂井町岩手
位置北緯35度23分51秒 東経136度29分22秒
着工年/完成年1973年/1985年
用途洪水調節、農地防災
堤高42.00m
堤頂長141.00m
堤体積309,000立方m
流域面積5.7平方km
湛水面積93ha
総貯水量1,128,000立方m
有効貯水量978,000立方m
ダム湖名明神湖(みょうじんこ)
管理岐阜県
本体施工者土屋組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位-
サーチャージ水位EL 150.60m
常時満水位EL 148.80m
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式  

アクセス・ドライブ

名神高速関ヶ原ICより、国道365号線を北上、関ヶ原市街方面へ向かう。
線路をくぐると、すぐに中町という交差点にさしかかるので、ここを右折、県道56号線に入る。
1.81km走ると、大高という交差点にさしかかる。
ここを右折、国道21号線に入る。
1.44km走ると、野上北という交差点にさしかかるので、ここを左折、県道53号線に入る。
川を渡り、次の信号を左折。
道は細くなるが、線路を潜り、しばらく走ると不破北部防災ダムに到着する。
天端を渡った所に駐車場があるので、こちらに車をとめて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 岐阜県 > 不破北部防災ダム カウンター