ダムマニア - Dam Mania -

高根第1ダム

中部電力所有の発電専用ダム。中部電力が所有するダムの中では一番高い堤高を誇る。
ドーム型アーチ式コンクリートダムという美しい堤体だが、残念ながら天端に立ち入ることができず、その美しさを堪能することができない。 以前は天端に立ち入ることができたらしいが、私が訪問した時は、ゲートで固く塞がれていた。
右岸にダムを眺める展望台が設置されているので、ここからアーチラインを眺めれば良いだろう。

放流設備としては、クレスト部にラジアルゲートを2門と、何らかの放流設備を備えているらしい。
選択取水設備もあり、下流環境対策も完璧という事らしい。

発電設備としては、揚水式発電の上池にあたり、下流の高根第2ダムとの間で揚水発電をおこなっている。
このダムで取水された水は、高根第一発電所に送られ、最大300.00m3/sを用いて340,000kWの電力を生み出す。

トイレや案内板、駐車場などがあり、気軽に見学することができるが、天端に入れない事が残念でならない。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
クレスト部に中部電力を主張する真紅のラジアルゲートが2門。
木々で隠れて見えないが、その下に何かを隠し持っている。

ダム

展望台より堤体を眺める。
奥に選択取水設備、手前に黍生川からの流入口&インクラインが見える。

ダム

堤体をズーム。
美しいアーチラインを描いている。
天端は立入禁止。

ダム

黍生川からの流入口とインクライン。
どうやら一体型になっているようだ。

ダム

左岸に設置されている選択取水設備。

ダム

右岸より堤体を眺める。
見る人を意識した看板の位置が素敵だ。

ダム

ゲート郡のアップだが、これでは何が何だかわからない。

ダム

ダム湖を眺める。
だいぶ水位が低かった。
ちなみに、これより上流にダムはない。

広告

スペック

ダム名高根第1(たかねだいいち)ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名飛騨川/木曾川水系
所在地岐阜県高山市高根町
位置北緯36度01分55秒 東経137度29分35秒
着工年/完成年1963年/1969年
用途発電
堤高133.00m
堤頂長276.4m
堤体積330,000立方m
流域面積159平方km
湛水面積117ha
総貯水量43,568,000立方m
有効貯水量34,013,000立方m
ダム湖名高根乗鞍湖(たかねのりくらこ)
管理中部電力(株)
本体施工者間組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位-
サーチャージ水位-
常時満水位EL1080.00m
制限水位-
最低水位EL1035.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW12.50m×H6.00m×2門 
選択取水設備   
発電所最大使用水量高根第一発電所(中部電力)300.00m3/s

アクセス・ドライブ

長野自動車道松本ICより、国道158号線を上高地方面へ向かう。
道なりに、24.67km走ると、奈川渡ダムに到着する。
まずはここで、テプコ館を見学しながら休憩を取ることをおすすめする。

テプコ館の見学を終え出発。

堤体を渡らずに、湖畔の売店の方の道を突き進む。
道なりに12kmほど走ると、木曽方面と野麦峠方面に行く道の分岐にさしかかる。
ここは道なりに、野麦峠方面に進路を取る。

30kmほど野麦峠のワインディングを楽しむと、国道361号線にぶつかる。
ここを右折、もう左手は高根第一ダムの貯水池だ。
しばらく走ると左手に駐車場があるので、こちらに車をとめて見学するとよいだろう。

また、付近に高根第2ダム、秋神ダム、朝日ダム、久々野ダムなどもあるので、これらのダムの見学も合わせておすすめする。


TOP > ダム一覧 岐阜県 > 高根第1ダム カウンター