ダムマニア - Dam Mania -

中木ダム

主要国道18号線からほんの少し山に入ると、ひっそりと姿を現すダム。
碓氷峠の、ある種華やかなイメージと裏腹な、人気の無いダム。
人気が無いと言っても、スワンボート乗り場があるので、シーズン中は多くの人が訪れるのだろうか。

上水道専用のダムで、天端の半分しか入ることができない。
飲料水の水源になるダムは、堤体に近づけない場合が多い。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
バルブより放流中。
非常用洪水吐は、ローラーゲートが3門。

ダム

天端を眺める。
堤体1/3付近で立入禁止。
上水道用ダムではよくある光景。

ダム

天端の左岸より撮影。
柵が行く手を阻む。

ダム

上写真の柵の奥地を撮影。
見たいところが見えないって悔しいですね。

ダム

妙義湖より堤体を眺める。
堤体付近に水辺まで下りられる場所があったので、天端に侵入できない苛立ちが解消された。

ダム

妙義湖。
そんなに大きくはないが神秘的な湖だった。

広告

スペック

ダム名中木(なかき)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名中木川/利根川水系
所在地群馬県碓氷郡松井田町大字五料
位置北緯36度19分07秒 東経138度44分43秒
着工年/完成年1951年/1959年
用途上水道用水
堤高41.0m
堤頂長148.0m
堤体積61,000立方m
流域面積13.1平方km
湛水面積14ha
総貯水量1,600,000立方m
有効貯水量1,350,000立方m
ダム湖名妙義湖(みょうぎこ)
管理群馬県
本体施工者大豊建設
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

上信越自動車道松井田妙義ICが最寄のインターとなる。
インターを降りて、国道18号線方面へ右折。
1kmほど走ると国道18号線との交差点に差し掛かる。
この交差点を左折、しばらく道なりに走る。

この国道18号線は、鉄道好きにはたまらない(たまらなかった?)、
信越線と平行しながら走っている。

3kmほど走ると、御料平という小さな交差点がある。
この交差点を左折、碓氷川を渡り、道を一気に下ってゆく。
すぐにT字路に差し掛かるので、このT字路を左折。

道は段々と山道に変わり、調子が乗ってきた頃に中木ダムに到着する。
中木ダムの堤体が見える前に、左に分かれる道がある。
この道を左にとれば、堤体前を横切っている橋を渡ることができる。
真正面から堤体を見ることができるので大迫力である。

また、進路を右手に取ると、堤体の真横を通ることができる。
さらに進むと、堤体裏を直視する場所もあるので、
どちらもオススメのスポットである。


TOP > ダム一覧 群馬県 > 中木ダム カウンター