ダムマニア - Dam Mania -

加治川治水ダム

重力式コンクリートダムとしては県内最高の堤高を誇るダム。
真紅で巨大なラジアルゲートに注目が集まる。

治水用ダムということで、普段は水を貯めないためか、
ダム湖の中に公園があるところが珍しい。
もちろん、洪水調節のために水を貯めだしたら公園は水没する運命にある。
水没する公園は、堤体直下まで続いているので、堤体の内側からゲート群を見ることができる。
このようなダムは他には思い当たらない。
一度は訪れた方が良いと思われるダムだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

正面より堤体を眺める。
大きなダムの割にはシンプルな造り。

ダム

非常用洪水吐はラジアルゲート1門。
この大きさのダムで1門だけとは珍しい。
オリフィスゲートは2門。
放流中だった。

ダム

ゲートとゲートを繋いでいる赤いものは、
点検用の橋。
ゲートがいかに大きいかうかがえる。

ダム

ダム湖にある公園より堤体裏側を望む。
本来ここは水没しているはず。
だって、非常用のゲートがあんなに上に・・・。

ダム

天端を眺める。
徒歩のみ通行可能。

ダム

天端より直下を眺める。
やはりゲートは赤色に限りますよね。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
左の芝生はダム湖公園。
満水時には水没してしまう。

ダム

天端より下流を眺める。

ダム

真横より堤体を眺める。

ダム

天端よりダム湖を眺めたパノラマ写真。木の生え具合を見ると、現在は常時満水位なのだろうか。

広告

スペック

ダム名加治川治水(かじがわちすい)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名加治川/加治川水系
所在地新潟県新発田市大字滝谷
位置北緯37度48分53秒 東経139度29分34秒
着工年/完成年1967年/1974年
用途洪水調節、農地防災
堤高106.5m
堤頂長285.5m
堤体積410,000立方m
流域面積88平方km
湛水面積65ha
総貯水量22,500,000立方m
有効貯水量18,000,000立方m
ダム湖名 
管理新潟県
本体施工者佐藤・熊谷・大成
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 317.0m
常時満水位EL 274.4m
制限水位-
予備放流水位-
最低水位EL 274.4m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW11.0m×H14.46m×1門1,600m3/s
常用洪水吐高圧ラジアルゲートW3.40m×H3.00m×2門620m3/s
利水放流設備ハウエルバンガーバルブΦ0.75m×1条5.0m3/s

アクセス・ドライブ

磐越自動車道三川ICからのアクセスを記載させてもらう。
ICを出て、県道を国道49号線新潟方面へ向かう。

2kmほど走ると、県道は国道49号線との交差点にさしかかる。
この交差点を右折、福島県方面へ向かう。

2kmほどで、左手に磐越西線の三川駅があらわれる。
ここからが要注意。
三川駅前という交差点を右折、県道14号線に入る。
アンダーパスで先程の国道を越え、阿賀野川・新谷川沿いに走る。

12kmほど走ると、加治川ダムに向かう道が右にあらわれるので、ここを右折。
感覚的にはT字の交差点の突き当たりを右に曲がる感覚だ。

右に曲がり7kmほど走ると、信号がついたトンネルにさしかかる。
このトンネルを3つ越え、3kmほど走ると加治川治水ダムに到着する。

ダム手前で道は2つに分岐するが、右を選べば堤体前へ、
左を選べば堤体へ行くことができる。

なお、その手前にある飯豊川第1ダムの見学もあわせてお勧めする。


TOP > ダム一覧 新潟県 > 加治川治水ダム カウンター