ダムマニア - Dam Mania -

漢那ダム

 沖縄総合事務局が管理する多目的ダム。堤高45mの重力式コンクリートダムで、クレスト部に5門の自由越流式洪水吐を備えている。 洪水吐の1つは高さが低くなっており、これを常用、その他を非常用として運用していると思われる。
 堤体のデザインが特徴的で、天端には曲線的なラインを描くバルコニーが5ヶ所ある。 堤体の表面は石張りになっており、石の荒々しさと、バルコニーの曲線が良い具合に美を演出している。
 石張りのデザインは、公式サイトによると、中城城をイメージしたとのこと。

 また、このダムは生態系の保全に本格的に取り組んだダムとして有名であり、右岸には魚道が設置されている。45mの高さを魚たちが駆け上がってくるらしい。 直下の河川はもう汽水域で、マングローブの森が生い茂っている。下流右岸側には、マングローブや河川の様子を観察できる遊歩道が設置されており、散策を楽しむことができる。

 デザイン的にも環境的にも非常に優れたダムなので、沖縄訪問の際は、ぜひ訪れて頂きたいダムである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流正面より堤体を眺める。
洪水吐は右岸寄りに設置されている。

ダム

左岸より堤体を眺める。
所々に曲線で構成されたバルコニーが設置されている。

ダム

石張りデザインを施した堤体。
中城城をイメージしているのだという。

ダム

フーチングを眺める。
お城のように凸凹になった欄干が良い味を出している。

ダム

天端を眺める。

ダム

右岸に設置されている魚道の出口。
45mの高さを魚たちが駆け上るという。

ダム

右岸ダム湖側より堤体を眺める。
一番奥にあるゲートの高さは他よりも低くなっている。

ダム

天端よりダム湖を眺める。

ダム

天端より直下を眺める。
バルブ室の屋根の色が沖縄を感じさせる。

ダム

天端よりさらに下流を眺める。
両岸にマングローブの森が広がる。

ダム

ダム直下の河川の様子。
もうここは汽水域。
両脇の木々はマングローブ。
正面の橋は沖縄自動車道。

広告

スペック

ダム名漢那(かんな)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名漢那福地川/漢那福地川水系
所在地沖縄県国頭郡宜野座村字漢那地先
位置北緯26度28分55秒 東経127度56分58秒
着工年/完成年1978年/1993年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水
堤高45.0m
堤頂長185.0m
堤体積72,000立方m
流域面積7.6平方km
湛水面積55ha
総貯水量8,200,000立方m
有効貯水量7,800,000立方m
ダム湖名かんな湖(かんなこ)
管理沖縄総合事務局開発建設部
本体施工者大林・鴻池・仲程
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 31.5m
サーチャージ水位EL 30.0m
常時満水位EL 27.8m
制限水位-
最低水位EL 7.1m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式4門 
常用洪水吐自由越流式1門 
非常用ゲートジェットフローゲートφ1.2m×1条 
放流用ゲートジェットフローゲートφ0.9m×1条 
河川維持用ゲートジェットフローゲートφ0.15m×1条 
不特定かんがいバルブスルースバルブφ0.25m×1条 
不特定上水バルブスルースバルブφ0.20m×1条 
特定かんがいバルブロートバルブφ0.50m×1条 
都市用水バルブロートバルブφ0.50m×1条 
選択取水設備直線多段式ローラーゲート2.0m×21.7m(4段) 

アクセス・ドライブ

沖縄自動車道宜野座ICより、国道329号線を那覇方面へ南下。
2.23km走ると、漢那ダムの標識が現れるので、その通りに右折。
沖縄自動車道と併走し、しばらくするとまた看板が現れる。
その通りに左折。するとすぐに漢那ダムの駐車場に到着する。

ダム下流部に行くには、フーチングを降りるか、車で国道手前まで戻り、川沿いの道を再び登ればダム下流部に到着する。


TOP > ダム一覧 沖縄県 > 漢那ダム カウンター