ダムマニア - Dam Mania -

寒河江ダム

国土交通省管轄の多目的ダム。
とても巨大なロックフィルダムで、2006年現在、国内第3位の堤体積を誇る。
これだけの規模ということで、放流設備も充実している。
堤体右岸に設置された放流設備は、非常用洪水吐のフラップゲートが4門、常用洪水吐のラジアルゲートが2門、同じく常用洪水吐として、オリフィス部にラジアルゲートが2門装備されている。
また、少し離れた場所には、これまた巨大な選択取水設備が配置されている。

ダム湖には巨大な噴水が設置されており、112mの高さまであがるという。
これは、2006年現在、日本一、東洋一、世界第4位というものらしい。

このダムの堤高は112m、噴水の高さも112m。ダム湖脇を通っている国道番号も112。水没移転戸数も112戸との事で、このダムは112という数字に縁があるらしい。

これだけ巨大なダムなので、ぜひとも見学をおすすめしたい所だが、このダムにおいては、素直におすすめできない。
いつ始まり、いつ終わるか分からないテロ対策のため、天端側まで車で行くことができず、管理所脇の駐車場から延々と1.2kmも歩かなければ、ゲート群が配置されている場所までたどり着くことができない。
また、所々に設置されているマスコットの置物も、ほとんど壊れていて、とても見苦しい。
堤体まで続く2車線の道路には草木が茂り、整備されている様子がうかがえない。
逆に、道の途中にある職員用のテニスコートは綺麗だった。
ダム逆風の中、あまり見て欲しくないダムのひとつである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
この左側に洪水吐からの導流部があるのだが、残念ながら写真を撮り忘れてしまった。

ダム

ダム湖側より堤体を眺める。
堤体の右側にゲート群がある。

ダム

ゲート群のアップ。
銀色のラジアルゲートがとても眩しかった。

ダム

真横より堤体を眺める。
草木が生い茂っている堤体。
国土交通省管轄にしては珍しい。
ちなみに、中央の木々の奥に洪水吐からの導流部がある。

ダム

天端を眺める。
自動車2車線分の立派な天端だが、残念なことに車両通行止。

ダム

右岸に設置されている選択取水設備。
とても巨大だった。

ダム

右岸真横より堤体を眺める。
青いラインは何の水位を表しているのだろうか。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
タイミング良く、ちょうど噴水があがりだした。

ダム

噴水のアップ。
112mの高さまで吹き上がるという。

ダム

ゲート群を眺める。
両脇に非常用洪水吐のフラップゲートが2門ずつ、
その内側に、常用洪水吐のラジアルゲートが1門ずつ。
中央の溝は、オリフィス部からの導流壁。

ダム

導流部を見下ろす。

ダム

ダム湖側よりゲート群を眺める。
こちら側から見ると、ゲートの色は銀色だ。
中央の赤いゲートは、オリフィスの副ゲート。

ダム

天端の右端より、インクラインと管理所を眺める。
あそこからここに来るには、歩くしか方法はない。

広告

スペック

ダム名寒河江(さがえ)ダム
ダム形式ロックフィルダム
河川名/水系名寒河江川/最上川水系
所在地山形県西村山郡西川町大字砂子関
位置北緯38度27分19秒 東経140度02分18秒
着工年/完成年1972年/1990年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水/発電
堤高112.0m
堤頂長510.0m
堤体積10,350,000立方m
流域面積231.0平方km
湛水面積340ha
総貯水量109,000,000立方m
有効貯水量98,000,000立方m
ダム湖名月山湖(がっさんこ)
管理国土交通省
本体施工者飛島建設・三井建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 401.5m
サーチャージ水位EL 400.0m
常時満水位EL 398.5m
制限水位EL 387.0m(6月16日~10月10日)
予備放流水位-
最低水位EL 341.5m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐フラップゲートW14.0m×H3.0m×4門959m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW8.0m×H9.9m×2門1,045m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW4.0m×H4.0m×2門589m3/s
常用洪水吐ジェットフローゲート1.6m×2門95m3/s
常用洪水吐ジェットフローゲート0.5m×1門4.85m3/s
発電所最大使用水量本道寺発電所(東北電力)62.5m3/s
発電所最大使用水量新水ヶ瀞発電所(東北電力)30.0m3/s

アクセス・ドライブ

山形自動車道月山ICから、国道112号線を寒河江市街へ走る。
3.90kmほど走ると、右手に道の駅「にしかわ」と寒河江ダム管理所が見えてくる。
道の駅「にしかわ」に入るように右折。
右折するとすぐに、右側が道の駅の駐車場、左側が寒河江ダム管理所の駐車場になっている。
運が良ければ、そのまま直進し、天端側まで行くことができるが、多分通行止めだろう。
左にある寒河江ダム管理所駐車場に車を停め、ここから徒歩。
もちろん、この場所からダムを眺めることはできるが、あまりにも遠すぎる。
駐車場からダム湖沿いに1.2km歩いて頂きたい。

職員のレクリエーションのために作られた、とても良く整備されているテニスコートの脇を抜け、ダム湖畔の道を歩く。
いくつも立ち並ぶ、「かんぺいくん」という名の、壊れたマスコットアイテムが、心の疲れを癒してくれるだろう。
この「かんぺいくん」にはスイッチがあり、押すと解説をしてくれるらしいが、壊れている。
また、アスファルトの道の真ん中に、大きく育っている雑草たちは、足の疲れを癒してくれる。
600mほど歩くと左岸側天端に到着する。
左手には、国土交通省管轄とは思えないほど大きく育った、草木がロックフィルを支えてくれている。
さぁ、ここまで来れば、あともう一息だ。
ロックフィルの堤体に生えた草木を眺めながら、600mを歩ききろう。
終点では、贅を尽くしたゲート群がお出迎えしてくれる。


TOP > ダム一覧 山形県 > 寒河江ダム カウンター