ダムマニア - Dam Mania -

雨畑ダム

日本軽金属(株)が所有する発電専用ダム。電力会社以外が所有している民間のダムは、日本では珍しい。
このダムより最大12.00m3/sの水が取水され、下流にある角瀬水力発電所に導かれる。

堤体は、歴史の割には白さが眩しいアーチ式コンクリートダム。
1967年完成のわりには、なぜか白い。これは、雪による影響なのだろうか。それとも、メンテナンスで磨いたりしているのだろうか。

洪水吐として、左岸にローラーゲートが2門、オリフィス部にバルブと思われる物を2つ備えている。
なぜ「思われる」という表現を使ったのかというと、吐口と思われる部分が四角いからだ。
丸形ならバルブと分かるが、四角だったので、断定はできなかった。
また、ローラーゲートからの導流部は、スキージャンプ式となっている。
放流時、水が落ちる部分にダムの施設があるので、このままで大丈夫か多少不安を覚える。

ダム湖はひっそりとしていたが、堆砂が激しいようだ。
ダム湖の上流部は多くの土砂で埋まり、成長した芦が生えていた。
上流の河川で大規模な土砂崩れが発生し、現在復旧作業中らしい。

堤体直下は、非常に神秘的だった。
切り立った崖、そして、そびえ立つ堤体は風を遮断し、減勢部にあたる水面には波一つ無かった。
鏡のような水に写りこむ、アーチ式コンクリートの白い堤体。
逆さ富士ならぬ逆さダムは、この世の物とは思えぬ美しさだった。
この場所でバーベキューでもして、ゆっくり過ごせたらどんなに幸せだろうか。
日々の忙しさを忘れさせてくれたダムだった。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
V字の崖と堤体に挟まれた減勢池は、風もなく穏やかだった。
その水面に写り込む景色も素晴らしい。

ダム

上流より堤体を眺める。
左岸部分にクレスト洪水吐がある。

ダム

洪水吐のアップ。
ローラーゲートが2門だった。

ダム

左岸より堤体を眺める。
発電専用のダムという事で、ほぼ満水だった。

ダム

ダム湖下流部の様子。
浚渫と思われる作業をしていた。

ダム

ダム湖上流部の様子。
草が生えている部分もダム湖と思われる。
相当堆砂している模様。

ダム

右岸にあったインクライン。

ダム

下流より堤体を眺める。
歴史の割には白い堤体。
中央コンジット部にバルブを備えているのだろうか。

ダム

バルブと思われる部分のアップ。
四角い・・・。

ダム

下流部右岸にあった仮排水トンネル。
塞がれていなかったので、侵入可能。

ダム

堤体の左岸側にはクレストゲートが。
導流部はスキージャンプ式だ。
ただ、その直下にダム施設があるので心配。

ダム

ゲートのアップ。

広告

スペック

ダム名雨畑(あまはた)ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名雨畑川/富士川水系
所在地山梨県南巨摩郡早川町雨畑
位置北緯35度24分31秒 東経138度19分54秒
着工年/完成年/1967年
用途発電
堤高80.5m
堤頂長147.6m
堤体積72,000立方m
流域面積99.7平方km
湛水面積 
総貯水量11,000,000立方m
有効貯水量11,000,000立方m
ダム湖名雨畑湖(あまはたこ)
管理日本軽金属
本体施工者鹿島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位 
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート2門 
発電所最大使用水量角瀬発電所 12.00m3/s

アクセス・ドライブ

中央自動車道甲府南ICから、国道358号線を甲府市街方面へ走る。
950m走ると、笛南中北という交差点にさしかかるので、ここを直進、国道140号線に入る。
そのまま国道140号線を走り、1つのトラップを越えて笛吹川&釜無川にかかる三郡西橋を渡る。
渡り終えると、国道140号線は左に曲がっているので、その通りに左折。
そしてすぐに、国道52号線との交差点にさしかかる。
この交差点を左折、国道52号線を身延方面へ走る。
約18.7km走ると、上沢という交差点にさしかかる。
ここを右折、県道37号線に入る。
しばらく早川沿いに走ると、11.23km走った所に、雨畑方面への分岐点がある。
ここは雨畑方面へ向けて左折。
約1車線の道路を3km走り、トンネルを抜けると雨畑ダムに到着する。
堤体を通り越して数メートル走った所に、ちょっとした広場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
なお、堤体直下に行くには、トンネルの2本手前にある道を下る。


TOP > ダム一覧 山梨県 > 雨畑ダム カウンター