ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

石井ダム

兵庫県

兵庫県が管理する多目的ダム。
洪水調節と、レクリエーションが目的だが、実際の所は洪水調節が中心。
デザインがとても変わっていて、堤体下流部に階段を持つ。
この階段は散策路の一部になっており、自由に登り降りすることができる。
下流から堤体を眺めると、ダム以外の施設に見えてくるほどだ。
非常用洪水吐は天端側水路形式で、呑口は6門、吐口は2門となっている。
管理者になぜ天端側水路を採用したのか尋ねたが、わからないとの事だった。
私が思うに、下流面に階段を設置したいために、吐口を多数取ることができないためだと考える。デザイン重視のダムなのだ。
常用洪水吐は自由越流式のオリフィス管が1条。
かなり底部に設置されており、ほぼ洪水調節専用ダムだということがうかがえる。
天端は広く、花壇などもある。
また、ダム内に多目的ホールがあり、エレベータや階段からアクセスする事ができる。
このホールは神戸市の施設らしい。
この多目的ホール、まだ使用されたことが無いらしい。
税金のムダと言われる前に、早めに運用して頂きたいものである。
ダムまでのアクセスは、車では不可能で、徒歩のみとなる。
鈴蘭台駅より3kmほどなので、天気の良い日に散歩がてら訪れていただきたい。


下流正面より堤体を眺める。
何となく異様な造り。

堤体下流部には階段が据え付けられている。
階段を降りている人がおわかりだろうか。

非常用洪水吐は自由越流式。
ここからではわからないが、天端側水路の構造を取っている。

常用洪水吐もゲートレス。
水が流れ出ていた。

常用洪水吐から流れた水。
中央にコンジットの穴が見える。
スポイラーがないので、水が跳ね上がってしまっている。
デザインに優れたダムなので、この部分が残念に感じた。

堤体下流部の階段より堤体を眺め上げる。
一見、ダムだとは思えない。

天端より直下を眺める。
階段はこの様になっている。
まさかこれがダムだとは思わないだろう。

減勢工を眺める。
左に見えるのはソーラーパネル。

天端より下流を眺める。
すぐ先に砂防ダムが見える。
そしてその先に神戸電鉄の線路、遠くには神戸港が。

天端を眺める。
右奥に見える建物は管理所。

天端の一部は広場になっており、花壇もある。
さすがレクリエーション目的を持ったダムだ。

エレベータ塔の脇に定礎石がある。

エレベータから降りると多目的ホールがある。
非常口の誘導灯があるので、集客を考えた造り。

左岸より堤体を眺める。
全ての柱は半円形をしている。
最近の流行のデザインだ。

右岸より堤体を眺める。
呑口は6門。

上流より堤体を眺める。
中央の水面あたりに、常用洪水吐のオリフィスゲートが見える。

ダム湖と堤体を眺める。
これが常時満水位。


おすすめ商品

スペック

ダム名石井(いしい)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名鳥原川/新湊川水系
所在地兵庫県神戸市北区山田町下谷上
位置北緯34度42分11秒 東経135度08分53秒
着工年/完成年1972年/2008年
用途洪水調節、農地防災/レクリエーション
堤高66.2m
堤頂長155.0m
堤体積182,000立方m
流域面積6.9平方km
湛水面積11ha
総貯水容量2,200,000立方m
有効貯水容量2,000,000立方m
ダム湖名 
管理兵庫県
本体施工者西松建設・奥村組・錢高組・新井組・寄神建設

水位

設計洪水位EL 234.600m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 233.200m
平常時最高水位(常時満水位)EL 199.200m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 199.200m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式呑口6門/吐口2門
常用洪水吐放流管Φ920mm×1条20m3/s

アクセス

このダムは自動車では行けないので、電車&徒歩でのアクセスとなる。
神戸電鉄鈴蘭台駅東口より、線路沿いに南下。
車両基地の脇を通り、川沿いに歩く。
3kmほど歩くと、目の前に石井ダムが見えてくる。
トイレはあるが、雨風を防ぐ施設がないので、天候を十分考えて見学した方がよいだろう。
なお下流に立ヶ畑ダムがあるので、こちらの見学も合わせておすすめする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました