ダムカレー、食べに来て下さい
食べに行く!

七色ダム

三重県

電源開発(株)が所有する発電専用ダム。
池原ダムと揚水発電をおこなっており、このダムは下部ダムとなる。
重力式アーチと言う型式でそれほど数が無い珍しい型式。
直下の河川が右に約90度曲っているので、真正面から堤体を眺めることができる。
余談だが、このダムのゲートの数は7門。ダム名は七色ダム。
ということで、ゲートの色も7色に塗り替えるべきだと思う。


下流正面より堤体を眺める。
重力式アーチ型式なので重厚感を感じる。

河原に降りれば、直下まで近づくことができると思われる。

天端を眺める。
電源開発(株)らしい、巨大なローラーゲート。

減勢工の副ダムを眺める。
重力式アーチなので、副ダムもアーチ。
中央の放流は、河川維持放流。
こちらの放流でも発電をおこなっている。

右岸に設置されている七色発電所。
設置と表現するよりも、ダムと一体になっているという感じ。

天端からそびえたっている七色発電所。

右岸に設置されている七色発電所の取水口。
ここから取水された水で82,000kWの電力を生み出している。

七色発電所。
※特別な許可を得て撮影しています。

ダム湖。
非常に細長いダム湖で、バックウォーターは池原ダム直下となる。

右岸より堤体を眺める。
※特別な許可を得て撮影しています。

左岸より堤体を眺める。
ゲートの色が電源開発(株)であることを物語っている。


おすすめ商品

スペック

ダム名七色(なないろ)ダム
ダム型式重力式アーチ
河川名/水系名北山川/新宮川水系
所在地三重県熊野市神川町神上字横山1810-1
位置北緯33度57分37秒 東経136度00分09秒 
着工年/完成年/1965年
用途発電
堤高61.0m
堤頂長200.8m
堤体積157,000立方m
流域面積462平方km
湛水面積332ha
総貯水容量61,300,000立方m
有効貯水容量10,700,000立方m
ダム湖名
管理電源開発(株)
本体施工者大林組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 190.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 186.50m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲートW14.863m×H15.481m×7門
発電所使用水量七色発電所(電源開発)140.00m3/s

コメント

タイトルとURLをコピーしました