ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

美鈴湖ダム

長野県

松本市が管理するかんがい用水専用のアースダム。
その歴史は古く、1600年頃、松本藩によって建設されたと言われている。
しかし、その後、水需要が増加してゆき、現在の貯水容量では不足が生じてきたため嵩上げ工事を行い、1951年に現在のかたちになった。
美鈴湖ダムはいたって普通のアースダムで、草ボウボウの堤体と、自由越流式の洪水吐があるオーソドックスなたかちである。
どこにでもある一般的なアースダムだが、ヘラブナ釣りの名所として有名らしい。
平日の訪問であったのにもかかわらず、多くの人々が釣りを楽しんでいた。
涼しい気候の頃、お弁当を持って出かけたいダムである。


下流より低位隊を眺める。
草ボウボウのどこにでもあるアースダム。

左岸より堤体を眺める。
上流側はコンクリートで補強されている。

天端を眺める。
自動車での通行可能。

天端よりダム湖を眺める。
ヘラブナ釣りを楽しんでいる人々が多数いた。

天端より下流を眺める。
水田が見えるが、作付けされていない様子。

左岸に設置されている自由越流式の余水吐。

余水吐からの導流部。
草木が生い茂り、何が何だか分からない状態。

ダム湖より堤体を眺める。


おすすめ商品

スペック

ダム名美鈴湖(みすずこ)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名女鳥羽川/信濃川水系
所在地長野県松本市木郷
位置北緯36度15分49秒 東経138度01分01秒
着工年/完成年/1951年
用途かんがい用水
堤高19.0m
堤頂長174.0m
堤体積125,000立方m
流域面積3平方km
湛水面積10ha
総貯水容量809,000立方m
有効貯水容量809,000立方m
ダム湖名美鈴湖(みすずこ)
管理松本市
本体施工者 

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途
形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門 

アクセス

長野自動車道松本ICより、国道158号線を松本市街方面へ直進。
4kmほど走ると、国道143号線との交差点にさしかかるので、ここを左折、国道143号線へ入る。
2.7kmほど走ると、右手に浅間温泉に続く道が分岐するのでここを右折。
ホテルが建ち並ぶ温泉街にて、道がT字路になるので、ここを右折。
あとはそのまま進めばよいのだが、温泉街は入り組んでいるので不安になる。
温泉街を抜けるとすぐに「美鈴湖」の看板があらわれるので、これを頼りにすればよいだろう。
温泉街から3.75km走ると美鈴湖ダムに到着する。
右岸及び左岸に駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました