ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

大沢池ダム

長野県

塩之入池ダムと同じ、川西地区土地改良区が所有するかんがい用水専用のアースダム。
堤体は非常に行くにくい場所にあり、また、見学ポイントも少ないため、苦労して訪問する価値は無いダムである。
ただ、そのことが幸いして、ダムサイトはひっそりとしており、自然を感じるにはちょうど良い場所かもしれない。
コンクリートダムに飽きたかたが訪問すると新鮮な感覚を得ることができるだろう。


右岸より堤体を眺める。
草ボウボウだが、なんとか堤体のシルエットは見える。
ちなみに、手前に見えるフェンスの先が余水吐からの導流部。

右岸に設置されている自由越流式の余水吐。

上流右岸側より堤体を眺める。
これがダムだとは思えないほど自然。

ダム湖の様子。
釣り人がいたので、何かが釣れる模様。


おすすめ商品

スペック

ダム名大沢池(おおさわいけ)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名室賀川/信濃川水系
所在地長野県上田市上室賀
位置北緯36度24分05秒 東経138度08分28秒
着工年/完成年/1921年
用途かんがい用水
堤高15.3m
堤頂長59.0m
堤体積19,000立方m
流域面積0.8平方km
湛水面積1ha
総貯水容量29,000立方m
有効貯水容量29,000立方m
ダム湖名大沢池(おおさわいけ)
管理川西地区土地改良区
本体施工者 

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門 

アクセス

上信越自動車道上田菅平ICより、国道144号線を上田市街地方面へ走る。
800mほど走ると、国道18号線上田バイパスとの交差点にさしかかるので、ここを右折。
長野新幹線の下をくぐると、国道18号線本道との交差点にさしかかるが、ここは直進。
上田大橋にて信濃川を渡ると、国道143号線との交差点が見えてくる。
ここを左折、国道143号線に入る。
1.82kmほど走ると、またもや国道143号線との交差点にさしかかるので、ここを右折。
2.05km走ると、室賀へ向かう道との交差点に差し掛かるので、この交差点を右折。
4.33km走ると、温泉へ向かう道が左手に分岐するので、ここを左折。
温泉施設を通り越し、300mほど走ると、左手に道が分岐するのでここを左折。
だんだん細い道になってくるが、大丈夫だ。
安心して走行してほしい。
道なりに700mほど進むと、右手に分岐する砂利道が現れる。
ここを右折。
一瞬不安になる道だが、我慢して進むと、右手に大沢池ダムが見えてくる。
駐車場は無いので路上駐車することになる。
交通の邪魔をしないように駐車すべし。


コメント

タイトルとURLをコピーしました