ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

牧尾ダム

長野県

愛知県の水瓶と呼ばれている牧尾ダム。
愛知用水によって各地域に給水されている。
ロックフィルの堤体から、一山挟んだ場所に洪水吐が設置されているのが面白い。
昭和59年に起こった長野県西部地震以降、年間堆砂量が急激に増加しているらしい。
このため、現在このダムの上流に貯砂ダムを建設しているという。
また、下流にある木曾ダムと揚水発電をしていて、このダムは上部ダムにあたるが、現在は、ほとんど揚水発電をしていないらしい。


下流より堤体を眺める。
左側がロックフィルの堤体。
右側は洪水吐。
堤体と洪水吐の間に山がある。

洪水吐部分の天端を眺める。
奥に見えるトンネルを進むと、ロックフィル部分の天端にで出る。

非常用洪水吐はラジアルゲートが4門。
渇水のためゲートに水が届いていない。

ゲートのアップ。
グレーのゲートだった。

下流横よりゲート群を眺める。
雪が深い地方のためか、ゲート操作部に屋根がある。

下流の減勢工を眺める。
奥に見える橋からダムを眺めると、堤体が大変美しく見える。

ロックフィル部の天端を眺める。
徒歩でのみ通行可能。

真横よりロックフィル部の堤体を眺める。
リップラップは小さな石だった。

ダム湖側横より堤体を眺める。
こちらからの眺めは草が生えていないために美しい。

ロックフィル部天端より下流を眺める。
堤体につづら折りの道が走っている。
堤体には草が生えている。

右岸にある選択取水施設。

利水放流用のバルブと思われるもの。
変な場所に設置されている。

ダム湖を眺めるパノラマ写真(1)。
渇水状態が伺える。

ダム湖を眺めるパノラマ写真(2)。
天端より撮影。


おすすめ商品

スペック

ダム名牧尾(まきお)ダム
ダム型式センターコア型ロックフィル
河川名/水系名王滝川/木曾川水系
所在地長野県木曽郡三岳村和田
位置北緯35度49分28秒 東経137度36分10秒
着工年/完成年1957年/1961年
用途かんがい用水/上水道用水/工業用水/発電
堤高105.0m
堤頂長264.0m
堤体積2,615,000立方m
流域面積304平方km
湛水面積247ha
総貯水容量75,000,000立方m
有効貯水容量68,000,000立方m
ダム湖名御岳湖(おんたけこ)
管理(独)水資源機構
本体施工者西松建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 880.0m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 832.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ラジアルゲート10m×10m×4門3,200m3/s
放流設備ハウエルバンガーバルブΦ1.8m×1条 
取水設備取水棟 30.9m3/s

アクセス

中央自動車道中津川ICより、国道19号線を北上、木曽福島方面へ走ること約40km。
木曽福島町に入るとすぐに、元橋という交差点にさしかかる。
この交差点を左折、進路を王滝方面へとる。
10kmほど走ると左手に牧尾ダムの大きな堤体が見えてくる。
見落とすことはないだろう。
そのまま走ると、牧尾ダムの駐車場の標識が現れる。
この通りに左折。
駐車場に車を停めて見学すると良いだろう。
また、付近には常盤ダム・木曽ダム・王滝川ダムなどがあるので、こちらの見学も併せておすすめする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました