ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

大保ダム

沖縄県

沖縄本島北西部に建設中のダム。
2010年6月9日に、試験湛水による満水を迎え、取材日は水位低下中であった。(2010年12月)
上水道用水確保や、洪水調節の治水を目的に持つ多目的ダムで、完成すれば沖縄本島北西部の要のダムとなる。
堤体は「く」の字に折れ曲がった重力式コンクリートダムで、堤高は77.5mと、沖縄県内では大規模なダムに分類される。
沖縄県は、最先端技術が投入されているダムが多いが、このダムも例外ではない。
選択取水設備にベローズ式という方式を用い、建設コストと管理コストを低減しているのである。
ベローズ式とは、ゴムでできた蛇腹を上下に伸縮させて取水標高を変化させる方式。見るからにコストがかからなそうである。


右岸下流側より堤体を眺める。
近年、本州に建設しているダムタイプに似ているかたち。

堤体はこの様に「く」の字に折れ曲がっている。

上流より堤体を眺める。
現在、試験湛水での水位低下中。

非常用洪水吐は自然越流式で3門。
その隣に選択取水設備が見える。

天端を眺める。

選択取水設備。

選択取水設備の方式は、最先端のベローズ式。
現在は蛇腹を折りたたんだ状態だろうか。

天端より下流を眺める。
建物は発電所であろうか。

右岸のフーチング。
その右にあるギザギザした壁は魚道だと思われる。

インクラインと大保脇ダム。


おすすめ商品

スペック

ダム名大保(たいほ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名大保川/大保川水系
所在地沖縄県国頭郡大宜味村字田港地先
位置北緯26度39分12秒 東経128度08分46秒
着工年/完成年1987年/2010年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高77.5m
堤頂長363.3m
堤体積400,000立方m
流域面積13.3平方km
湛水面積89ha
総貯水容量20,050,000立方m
有効貯水容量19,350,000立方m
ダム湖名ぶながや湖 (ぶながやこ)
管理内閣府沖縄総合事務局
本体施工者大成建設・戸田建設・國場組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 70.6m
平常時最高水位(常時満水位)EL 68.0m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 23.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式3門 
選択取水設備ベローズ式 

アクセス

福地ダムの天端を通る道路を右岸方面へ進む。
しばらく走ると道が二手に分かれるので、右の道を選択。
1kmほど走ると、大保ダムの標識が現れるので、その標識通りに進むと大保ダムに到着する。
なお、取材時はまだ建設中だったので、道に変更があるかもしれないのであしからず。


コメント

タイトルとURLをコピーしました