ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

西大谷ダム

静岡県

(一財)日本ダム協会のダム便覧上では大須賀町が管理するダム。
目的はかんがい用水確保をメインに、洪水調節もおこなうとなっている。
1958年完成とのことだが、見た目は新しく、とても50年以上経過している堤体には見えなかった。
それもそのはず、2005年に改修工事がおこなわれ、現代の姿となった。
改修工事は、ダム湖内に溜まったヘドロを加工し、堤体の補強材として利用したとのこと。
この工法は地盤工学会技術開発賞を受賞したすぐれた工法である。


右岸より堤体を眺める。
堤体下流側にスロープ的な道が付いている。

天端を眺める。
自動車での通行可能。

天端より下流を眺める。
茶畑(?)が一面に広がっていた。

天端よりダム湖を眺める。
貸しボート屋があった。

右岸に設置されている自由越流式の洪水吐。

洪水吐アップ。

洪水吐からの導流部。

下流より導流部を眺める。
それほど大きな堤体ではなため、導流部も可愛らしい。

上流面はコンクリートブロックで保護されている。

洪水吐と堤体。


おすすめ商品

スペック

ダム名西大谷(にしおおや)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名西大谷川/弁財天川水系
所在地静岡県掛川市横須賀
位置北緯34度42分36秒 東経137度59分36秒
着工年/完成年/1958年
用途洪水調節、農地防災/かんがい用水
堤高15.1m
堤頂長209.0m
堤体積77,000立方m
流域面積7.6平方km
湛水面積6ha
総貯水容量289,000立方m
有効貯水容量288,000立方m
ダム湖名 
管理大須賀町
本体施工者 

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式1門

アクセス

小笠池ダム下流駐車場からのアクセス方法を記載させてもらう。
下流駐車場を出発し、しばらく走ると、県道249号線とのT字路にさしかかる。
このすぐ手前に右に折れる道があるので、このルートを選択。
トンネルをくぐり、3.88kmほど走ると左手に西大谷ダムが見えてくる。
ダムサイトやダム下流に駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
ただし、ここで紹介したルートは、取材時はがけ崩れのため通行止であった。


コメント

タイトルとURLをコピーしました