ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

水ヶ瀞ダム

山形県

東北電力(株)所有の、発電専用ダム。
堤高の割に堤頂長が長いダムで、ゲート群はやや左岸寄りに位置している。
約5km上流に寒河江ダムがあり、そのダム湖の水を使用して発電している本道寺発電所の、逆調整池の役目を果たしている。
また、このダム湖からも取水され、(新)水ヶ瀞発電所にて最大75,000kWの電気をおこす。
この水ヶ瀞ダムは2代目で、寒河江ダムの建設に伴い、旧水ヶ瀞ダムは廃止された。
旧水ヶ瀞ダムは、現在の水ヶ瀞調整池に水没しているという噂がある。


下流正面より堤体を眺める。
洪水吐として、ラジアルゲートが3門装備されている。
その左側には、発電取水用のローラーゲートが1門。

ゲート群のアップ。
左側からは、発電を終えた水が流れ出ている。

下流を眺める。
良い感じの淵だ。

天端を眺める。
立入禁止だった。

右岸真横より堤体を眺める。

右岸より堤体を眺める。
意外と長い堤体。
ゲート群は左岸よりに設置されている。

上流側からのゲート群のアップ写真。

ダム湖を眺める。
ひっそりとしていて、「水ヶ瀞」という感じだった。


おすすめ商品

スペック

ダム名水ヶ瀞(みずがとろ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名寒河江川/最上川水系
所在地山形県西村山郡西川町大字水沢字上の平
位置北緯38度26分04秒 東経140度04分21秒
着工年/完成年1980年/1990年
用途発電
堤高34.0m
堤頂長372.0m
堤体積116,000立方m
流域面積259.8平方km
湛水面積25ha
総貯水容量1,936,000立方m
有効貯水容量1,425,000立方m
ダム湖名
管理東北電力(株)
本体施工者間・奥村・升川建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ラジアルゲート3門
発電所使用水量(新)水ヶ瀞発電所30.0m3/s

アクセス

山形自動車道月山ICから、国道112号線を寒河江市街へ走る。
しばらく走ると、右手に寒河江ダムが見えてくるが、ここは無視してそのまま走り続ける。
寒河江ダム管理所より、4.47km走ると、左にガソリンスタンド、右にちょっとした小道が現れる。
高速道路を潜ってしまうと行き過ぎだ。
右折し、この小道に進路をとる。
あとは道なりに進めばいい。左手に水ヶ瀞ダムがあらわれる。
所々に、ちょっとしたスペースがあるので、こちらを利用してダム見学をすると良いだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました