ダムマニア - Dam Mania -

烏山頭ダム

台湾が日本の統治下であった頃に造られたダム。台湾総督府内務局土木課の土木技手、八田與一により設計された。 このダムにより、150,000ヘクタールの農地を開拓、従来からの悩みだった塩害も防ぐこともできた。

工事の規模は、当時国内最大であった愛知用水工事の2倍以上で、国益をかけたビッグプロジェクトだった。 ダム湖の水は、山一つ隔てた曽文渓から取水し、3.2kmのトンネル導水路を通り導かれている。

このダムの工法は特徴的で、半水締めというセミ・ハイドロリックフィル工法を用いている。
セミ・ハイドロリックフィル工法とは、堤体上流と下流の両式幅末端の部分に土砂を置き、ダム軸上にあるコンクリートコアからポンプを使い、水を土砂に吹きかける。 すると、軽い土や石はコンクリートコアに向かって流れ、重い岩は式幅末端に残る。これを繰り返し、嵩上げする工法の事である。
ちなみに、この工法の採用は、日本人では八田與一が初だった様である。

現在、台湾は日本の統治下ではないが、今でも台湾の人々に愛されているダムらしい。

写真は全て頂き物です。私はダム本体を見ていないので、写真を見てのコメントとなります。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

コアの部分にしかコンクリートを使わない、半水締めというセミ・ハイドロリック工法。
外見はアースダムだ。

ダム

長い堤体。堤頂長は1km以上もある。

ダム

設計者の八田輿一像。
台湾が日本の統治下であった時に造られたダム。

ダム

放流設備(だと思われる)。

ダム

バルブのアップ(だと思われる)。

ダム

何かのための導水管の付け根(だと思われる)。

ダム

上記導水管の先(だと思われる)。

ダム

放水路を眺める(だと思われる)。

ダム

ゲート機械室か発電所(だと思われる)。

ダム

発電機。日立製らしい。
もしかしたら業務用大型掃除機かも知れない。

広告

スペック

ダム名烏山頭(うさんとう)ダム
ダム形式半水力式土堰
河川名/水系名官田川/曾文川水系
所在地台湾 台南県 官田郷
位置北緯23度12分20秒 東経120度23分24秒
着工年/完成年1920年1月/1930年5月
用途灌漑用水/上水道用水/発電
堤高56.0m
堤頂長1,237.0m
堤体積11,020,928立方m
流域面積60平方km
湛水面積1,300ha
総貯水量154,158,000立方m
有効貯水量82,450,000立方m
ダム湖名珊瑚潭
管理台湾総督府
本体施工者八田與一と愉快な仲間達
地図Google Map

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 60.6m
常時満水位EL 58.18m
制限水位-
最低水位EL 26.18m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式 2,190m3/s
旧取水設備蝶型閥φ0.2286m×2条144m3/s
新取水設備蝶型閥φ0.35814m×1条

アクセス・ドライブ

日本の各国際空港より、台北行きの飛行機に乗る。
空港に着いたらタクシーに乗り、「チンダオ ウーシャントウシユイクー」という。
いくらかかるか、どれぐらいの時間が必要かわからないがチャレンジして欲しい。
無事を祈る。

参考文献


TOP > ダム一覧 番外編 > 烏山頭ダム カウンター