ダムマニア - Dam Mania -

丹生川ダム

現在、岐阜県が建設している多目的ダム。
重力式コンクリートダムで自由越流式の非常用洪水吐という、現在ではスタンダードな形になるらしい。

2012年に完成予定とのことで、堤体に通じる道路は1km手前から通行止め。
残念ながら工事の様子を眺めることはできなかった。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

ダム工事現場へと続く道は、残念ながら1km手前で通行止めだった。

ダム

通行止期限は平成20年12月31日迄となっているが、これを過ぎたら本当に通行止が解除されるのだろうか。

ダム

ダムから1km下流の河川の様子。
護岸工事が施されていた。

広告

スペック

ダム名丹生川(にゅうかわ)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名荒城川/神通川水系
所在地岐阜県高山市丹生川町折敷地
位置北緯36度13分01秒 東経137度22分16秒
着工年/完成年1975年/-
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高69.5m
堤頂長227m
堤体積232,000立方m
流域面積23平方km
湛水面積32ha
総貯水量6,200,000立方m
有効貯水量5,300,000立方m
ダム湖名 
管理岐阜県
本体施工者大林/三井住友/市川/土屋
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL871.0m
サーチャージ水位EL868.0m
常時満水位EL857.0m
制限水位-
最低水位EL841.5m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式  

アクセス・ドライブ

東海北陸自動車道飛騨清見ICより、国道158号線を高山方面へ走る。
高山市街のトラップに負けず、ひたすら国道158号線を進む。
なんとか高山市街を通り越し、5kmほど走ると、飛騨エアパークの案内板が見えてくる。
この案内板の通りに進む。
エアパークへの道は途中で右折するが、そのまま県道89号線を直進、トヤ峠方面へ走る。
エアパーク入口との分岐点から、約8km走ると通行止となる。
この通行止こそが上記写真の場所だ。


TOP > ダム一覧 岐阜県 > 丹生川ダム カウンター