ダムマニア - Dam Mania -

鹿ノ子ダム

北海道開発局が管理する多目的ダム。洪水調節の他、上水道用水やかんがい用水の確保をおこなっている。
堤体はオーソドックスな重力式コンクリートダムで、クレスト部にローラーゲートを2門。コンジット部にラジアルゲートを1門装備している。 クレスト部に設置されたゲートは赤色で、堤体をキリッと引き立てている。 導流部に設置されている、常用洪水吐のスポイラーは三角でシャープなデザイン。余計な飾りをしない美しさを感じた。 また、堤体を良く眺めると、左岸が微妙に湾曲していることがわかる。直線重視のデザインながらも、柔らかい一面を見せる部分もあるのである。

このダムは、予約なしでも堤体内見学をすることができる。 場所柄、あまりお客さんが来ないらしく、寂しい思いをしているとのことなので、近隣に立ち寄りの際は、ぜひこのダムを見学して頂きたい。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流右岸より堤体を眺める。
オーソドックスな重力式コンクリートダムだが、どことなく格好良さを感じるデザイン。

ダム

直下より堤体を眺める。
クレストゲートは赤く塗装されている。

ダム

非常用洪水吐のアップ。

ダム

常用洪水吐のスポイラーのアップ。
飾りのない三角形が美しい。

ダム

左岸部のアップ。
よく見ると湾曲している。

ダム

下流の様子。
手前のコンクリートは減勢工の副ダム。

ダム

天端を眺める。
自動車での通行可能。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
ひっそりとしていた。

ダム

クレスト部に設置されているローラーゲートの支柱。

ダム

天端より直下を眺める。
右の建物は発電所。

ダム

ダム湖側より堤体を眺める。
コンクリートには赤が似合う。

ダム

ゲートのアップ。
奥に選択取水設備が見える。

ダム

堤体内見学をさせていただいた。
監査廊には人々のイラストが。

広告

スペック

ダム名鹿ノ子(かのこ)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名常呂川/常呂川水系
所在地北海道常呂郡置戸町字常元
位置北緯43度36分26秒 東経143度23分16秒
着工年/完成年1972年/1983年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水
堤高55.5m
堤頂長222.0m
堤体積204,000立方m
流域面積124平方km
湛水面積210ha
総貯水量39,800,000立方m
有効貯水量35,800,000立方m
ダム湖名おけと湖(おけとこ)
管理北海道開発局
本体施工者飛島建設・大林組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 458.40m
常時満水位EL 450.60m
制限水位EL 442.90m(7月1日~9月30日)
最低水位EL 429.30m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ローラーゲート2門 

アクセス・ドライブ

大雪ダムからのアクセス方法を記載させてもらう。
大雪ダムより、国道39号線を網走方面へ進む。
石北峠を越え、40km走ると、鹿ノ子ダムへと続く道が右手にあらわれる。
看板があるので迷うことはないだろう。
右折し、14.5km走るとT字路にさしかかる。
ここは右折。
すぐに分岐にさしかかるので、ここは右の道を選択。
4.4km走ると右手に鹿ノ子ダムが見えてくる。
駐車場があるので、適当に車を停めて見学するとよいだろう。

なお、このダムは申し込み不要で堤体内見学をさせてもらえる。
ということで、時間に余裕を持って訪問すべし。


TOP > ダム一覧 北海道 > 鹿ノ子ダム カウンター