ダムマニア - Dam Mania -

水殿ダム

長野県の梓川にあるダム。
この川には3連続でアーチ式コンクリートダムが建設されていて、
俗に、梓川3ダムとか、安曇3ダムと呼ばれている。

この水殿ダムは3ダムの中で真ん中に位置し、
奈川渡ダムの下部ダムの役割と同時に、稲核ダムの上部ダムの役割を果たしている。

このダムは、3ダムの中で中間の規模。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
左手前に見える黒いコンクリートは、
非常用洪水吐の部分。

上流の奈川渡ダムを
そのまま小さくしたようなデザインだ。

ダム

天端を眺める。
右側の青い物は、
非常用ゲートの一部。

ダム

非常用洪水吐の導流部を眺める。
直下が稲核ダム湖であるため、
減勢工がないのだろうか。

ダム

天端より直下の発電所を眺める。
なんだかわからない写真ですね。

ダム

ダム湖より非常用洪水吐のゲートを眺める。
ラジアルゲートが2門。

ダム

大きなクレーンがあった。
天端中央までクレーンの
レールが引かれていた。
取水口等の整備に使われるのだろうか。

ダム

下流より堤体を眺める。奥に非常用洪水吐の導流部が見える。導流部はそんなに長くない。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。

広告

スペック

ダム名水殿(みどの)ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名梓川/信濃川水系
所在地長野県南安曇郡安曇村字栃沢
位置北緯36度09分15秒 東経137度44分52秒
着工年/完成年1965年/1970年
用途発電
堤高95.5m
堤頂長343.3m
堤体積301,000立方m
流域面積413平方km
湛水面積57ha
総貯水量15,100,000立方m
有効貯水量4,000,000立方m
ダム湖名 
管理東京電力(株)
本体施工者間組
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

長野自動車道松本ICより、国道158号線を上高地方面へ走る。
高速出口から右折するかたちになる。

あとは12kmほど、ひたすら直進するのみである。

市街地を抜け、だんだんと町並みは田舎風景になる。
梓川が併走するようになると、道はワインディングに変化する。
運転が楽しくなってきた頃に、目の前に突然アーチ式の美しいダムがあらわれる。

そう、ここが水殿ダムである。(うそ)

ここは稲核ダム、このさらに3km上流に水殿ダムはある。
もちろん、この稲核ダムの見学もして欲しい。
十分稲核ダムを堪能した後に、水殿ダムを見学すると嬉しさ10倍である。
なぜなら、ここよりも規模が大きいから。

3kmほど走ると、左手に道の駅「風穴の里」があらわれる。
ここから要注意。
そこからすぐに右に曲がる道がある。この道を右折。
するとすぐに、水殿ダムの堤体脇にたどり着く。
駐車場もあるので、ここに車をとめるとよいだろう。

また、さらに上流に奈川渡ダムがあるので、
こちらの見学もあわせてお勧めする。

平日に取材に行ったのだが、意外と道は混んでいた。
シーズン中の休日ともなると、まったく動かなくなるそうなので、見学日には注意されたし。


TOP > ダム一覧 長野県 > 水殿ダム カウンター