ダムマニア - Dam Mania -

沢山池ダム

 洪水調節とかんがい用水確保という2つの目的を持った多目的ダム。 塩田平土地改良区所有なので、多目的ダムという表現はおかしい感じがあるが、2つ以上の目的を有しているので、多目的ダムということで間違い無いだろう。

 堤体はごく普通の草ボウボウのアースダムだが、洪水吐にはお金がかかっている様子がうかがえる。 曲線を描いた自由越流式の洪水吐で、その右側にはスライドゲートが設置されている。 このスライドゲートは後付らしく、これを装備したことにより洪水調節という機能も加わったらしい。  ゲートからの導流部も素晴らしく、アースダムのくせにトンネル式。ロックフィルダムも顔負けの導流部を隠し持っている。

 こんなに素晴らしい放流設備があるのだが、ダム湖はこぢんまりとした小さな貯水池だった。 オーバースペックなような気もするが、備えあれば憂いなしである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
例外なく、草ボウボウのアースダム。

ダム

天端を眺める。
自動車での通行可能。

ダム

天端より下流を眺める。
草木が生い茂り、下流河川が見あたらない。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
こぢんまりとした小さな貯水池だった。
右に見える赤いものは取水塔。

ダム

右岸より堤体を眺める。
奥の建物は管理所。
その左に自由越流式の洪水吐が見える。

ダム

洪水吐のアップ。
湾曲したラインが美しい。
手前のゲートはスライドゲートで、洪水調節をおこなうためのもの。

ダム

三次元的ラインが何とも言えなく美しい洪水吐。

ダム

ゲートのアップ。
ダム湖の規模から、このサイズで十分なのだろう。

ダム

洪水吐の奥にトンネルを隠し持っていた。
ロックフィルダムさながらのトンネルの造りに驚き。

ダム

取水塔のアップ。
この手の取水塔はなぜ赤色が多いのだろうか。

ダム

ダム湖側より堤体を眺める。

広告

スペック

ダム名沢山池(さわやまいけ)ダム
ダム形式アース
河川名/水系名産川/信濃川水系
所在地長野県上田市沢山
位置北緯36度19分41秒 東経138度10分09秒
着工年/完成年/1936年
用途洪水調節、農地防災/かんがい用水
堤高25.5m
堤頂長87.0m
堤体積108,000立方m
流域面積10平方km
湛水面積12ha
総貯水量1,082,000立方m
有効貯水量995,000立方m
ダム湖名沢山池(さわやまいけ)
管理塩田平土地改良区
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位 
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式1門 
洪水吐スライドゲート1門 

アクセス・ドライブ

上田交通別所線、別所温泉駅からのアクセス方法を記載させてもらう。
別所温泉駅より県道177号線を上田市街方面へ進む。
250mほど走ると、県道82号線が右に分岐する。ここを右折。県道82号線に入る。
800mほど走ると、道がY字に分岐するので、ここは右手の道へ。県道82号線から外れる方向になる。
900mほど走ると、左手に舌喰池という池が見えてくる。見えてから2本目の道を右折。
途中、道は2本に分岐するが、どちらを選択しても1.9kmほどで沢山池に到着する。


TOP > ダム一覧 長野県 > 沢山池ダム カウンター