ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

滝ダム

福島県

電源開発(株)所有の発電専用ダム。
堤高46mの重力式コンクリートダムで、右岸には滝発電所が併設されている。
放流設備はクレスト部にローラーゲートが4門。
ゲート支柱は鉄骨むき出しのシンプルな造り。
只見川では、電源開発(株)の最下流ダムとなり、これより下流は東北電力(株)のダムがひしめきあっている。
上流にある只見ダムや田子倉ダムと異なり、見せることを意識した造りではないので、 駐車場も無く、見学ビューポイントも少ない。
綺麗な芝生や、桜や植えてあるので、もう少しだけ開放して頂きたいダムである。


下流左岸側より堤体を眺める。
放流設備はクレスト部にローラーゲートが4門。
手前の建物は滝発電所。

ゲートのアップ。
ゲート支柱は鉄骨むき出し。
左のゲートは発電用のもの。

滝発電所。
最大300m3/sの水を用い、9.2万kWの電力を生み出している。

下流正面より堤体を眺めるが、木が邪魔だった。


おすすめ商品

スペック

ダム名滝(たき)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名只見川/阿賀野川水系
所在地福島県大沼郡金山町田沢
位置北緯37度23分13秒 東経139度23分03秒
着工年/完成年1959年/1961年
用途発電
堤高46.0m
堤頂長264.0m
堤体積121,000立方m
流域面積1,978.8平方km
湛水面積230ha
総貯水容量27,000,000立方m
有効貯水容量10,300,000立方m
ダム湖名
管理電源開発(株)
本体施工者前田建設工業

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 354.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート4門
発電所使用水量滝発電所(電源開発)300.00m3/s

アクセス

磐越自動車道会津坂下ICより、国道252号線を只見方面へひたすら進む。
本名ダムを越えてからが要注意。
只見川沿いに14.22km走ると、左手に滝ダムが見えてくる。
トンネルやスノーシェッドの間にあるので、見落とさないようにして頂きたい。
駐車場はないが、トンネルとスノーシェッドの間にちょっとしたスペースがあるので、こちらに車を停めて見学すると良いだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました