ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

屋敷川取水ダム

群馬県

道平川ダムの取水のために造られたダム。
この屋敷川取水ダムで取水された水は、導水管を通り、道平川ダムに集められる。
目的が取水で、水を貯めておく必要が無いので、上流にダム湖は存在しない。
下流部の構造は複雑で、堤体直下より川と導水管を通る水に分けられる。
珍しい構造のダムなので、ぜひとも見学をお勧めしたい。
ちなみに、近隣にある相沢川取水ダム・市野萱川取水ダムも同じ構造・同じ目的である。


市野萱川取水ダムとほぼ同様な形をした屋敷川取水ダム。

堤体を眺める。
取水ダムということで、少々複雑な形をしている。

天端を眺める。

天端より直下を眺める。
左の水路はそのまま川に流れるが、右の水路は導水管を通って道平川ダムに運ばれる。

上流より堤体を眺める。
左より自由越流式の非常用洪水吐、はめ込み式の常用洪水吐、取水用のゲート。
ここも市野萱川取水ダムと同様、コンクリートプールに入った水のみが取水され、道平川ダムに運ばれる。

天端より上流を眺める。
取水ダムということで、ダム湖は存在しない。
すぐ側に滝が見えて不思議な気分。


おすすめ商品

スペック

ダム名屋敷川取水(やしきがわしゅすい)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名屋敷川/利根川水系
所在地群馬県甘楽郡下仁田町大字南野牧
位置北緯36度14分26秒 東経138度39分17秒
着工年/完成年1978年/1992年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高16.0m
堤頂長49.5m
堤体積10,000立方m
流域面積6平方km
湛水面積0ha
総貯水容量
有効貯水容量
ダム湖名
管理群馬県
本体施工者日本国土開発・岩井建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式1門
常用洪水吐自由越流式1門

アクセス

上信越自動車道下仁田ICが最寄りのインターとなる。
インターを出て、進路を長野方面へ取る。
国道254号線を走ることになるだろう。
道はやがて、コンニャクやネギで有名な下仁田市街に入る。
田舎風景の町だが人は多い。見ていて不思議な感じを覚える町である。
下仁田市街を通り過ぎると、直線的な道路になる。
市街から10kmほどの所に、道平川ダムがあるので、ここの見学を先にお勧めする。
市野萱取水ダムで集められた水は、この道平川ダムに注ぎ込むのである。
このダムから2kmほど走ると、旧254号線があらわれる。
これと言って標識が無いため、多分分からないだろう。
新道から分岐している小さな小道のほとんどは、この旧254号線に合流しているので、
適当に小道を選び侵入する。
新道のトンネルまで行くと行き過ぎなので注意されたし。
旧道には一応、国道標識が立っているので、旧道に入れば道を失うことは無いだろう。
旧道に入り数百メートル走ると、「ハイキングコース」という標識があらわれる。
車の進路をハイキングコースに取る。
標識的には、車で大丈夫だろうかと思うが、じつは県道44号線なので心配ない。
ハイキングコースに入り、数百メートル走ると左手にダムが見えてくる。
小さなダムなので注意して走ってほしい。
なお、近隣に相沢川取水ダム・市野萱川取水ダムもあるので、あわせて見学することをお勧めする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました