ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

霧積ダム

群馬県

難所碓氷峠の奥地にある、霧積温泉の手前にあるダム。
地味な場所にあるにもかかわらず、堤体は結構派手な作り。
山を塞ぐ様に佇んでいる姿が感動的である。
取材時はやはり、名の通り濃い霧に包まれていた。


下流より堤体を眺める。
「く」の字に曲がっている。

天端を眺める。
自動車も通行可能。
左に表面取水設備が見える。

天端より直下を眺める。
下流は山深く、緑が生い茂っていた。
川は緑に隠れ、すぐに見えなくなってしまう。

天端の「く」の字の所より撮影。
天端突き当たりの建物は管理棟。
左の建物は、管理用船の格納庫。

上流より堤体を眺める。
左より自由越流式の非常用洪水吐、常用洪水吐、
非常用洪水吐、表面取水設備。

天端より霧積湖を眺める。
名前の通り霧に包まれていた。

天端より下流を眺める。
下流はとても山深い。


おすすめ商品

スペック

ダム名霧積(きりづみ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名霧積川/利根川水系
所在地群馬県安中市松井田町坂本
位置北緯36度22分07秒 東経138度42分03秒
着工年/完成年1968年/1975年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水
堤高59.0m
堤頂長305.0m
堤体積195,000立方m
流域面積20.4平方km
湛水面積13ha
総貯水容量2,500,000立方m
有効貯水容量2,100,000立方m
ダム湖名霧積湖(きりづみこ)
管理群馬県
本体施工者佐藤工業・佐田建設

水位

設計洪水位EL 615.5m
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 612.0m
平常時最高水位(常時満水位)EL 609.3m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 600.0m(7月1日~9月30日)
最低水位EL 591.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式W10.0m×H3.5m×2門505m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW2.6m×H2.6m×1門97.4m3/s
利水放流設備ホロージェットバルブΦ0.8m×1条7.0m3/s
表面取水設備多段式(4段)ローラーゲートH24.5m×B2.0m 

アクセス

上信越自動車道松井田妙義ICが最寄のインターとなる。
インター出口を右折、1kmほど走ると国道18号線のT字路の交差点にぶつかる。
この交差点を左折、横川・軽井沢方面へ向かう。
鉄道マニアの憧れ、信越線と並行して走り、有名な峠の釜飯「おぎのや」の横を通る。
ここの釜飯は一度は食するべき。美味しい(?)というほどではないが、誰もが知っている地方名物なので、まだ食したことが無いかたは、ぜひ味わって欲しい。
道はやがて、旧道と新道に分かれる。迷わず旧道を選ぶ。
難所、碓氷峠の起点である。
峠といっても、しばらくは驚くばかりの直線なのであせらずに走って欲しい。
この直線は、いわゆるフォーメーションラップなので、エンジンを唸らすべきではない。
道は、右ターンを皮切りに、峠道に入る。
さあ、難所碓氷峠の始まりだ!
と、思うとすぐに右折する道が現われる。
霧積温泉への道である。
この交差点を右折。霧積温泉方面へ走る。
今は使われていない鉄道線路の下をくぐり、しばらく廃線となった線路とともに走る。
やがて道と線路はさよならし、軽いワインディングを迎えると、突然目の前に大きなコンクリートの塊が現われる。
ここが霧積ダムである。
天端は車で通行可能なので、歩きたくないかたは車での通行をお勧めする。
また、その手前には中木ダム、先には坂本ダムがあるので、こちらも合わせてお勧めしたい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました