ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

武利ダム

北海道

アスファルトコアフィル型式という、日本には1基しかない特殊な型式のダム。
コアとは水を遮水する部分のことで、通常のフィルダムはこの部分が粘土で造られているが、このダムに限ってはアスファルトで造られている。
このダムの水は約9km先の瀬戸瀬発電所に送水され、2.5万kWの電気を生み出している。


左岸より堤体を眺める。
外見は普通のロックフィルダム。

フィル部のアップ。
この内部がアスファルトでてきている。

放流設備はローラーゲートが2門。

天端は残念ながら立入禁止。

ゲートのアップ。

堤体とゲートの間が出っ張っていて、何らかの機械が設置されている。
もしかしたらこれが発電用の取水口か。

ダム湖越しに堤体を眺める。


おすすめ商品

スペック

ダム名武利(むり)ダム
ダム型式アスファルトコアフィル
河川名/水系名武利川/湧別川水系
所在地北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利
位置北緯43度56分30秒 東経143度20分23秒
着工年/完成年1976年/1980年
用途発電
堤高15.5m
堤頂長173.0m
堤体積80,000立方m
流域面積600.7平方km
湛水面積22ha
総貯水容量820,000立方m
有効貯水容量500,000立方m
ダム湖名
管理北海道電力(株)
本体施工者清水建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐ローラーゲート2門
発電所使用水量瀬戸瀬発電所(北海道電力)25.60m3/s

コメント

タイトルとURLをコピーしました