ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

不動谷津ダム

茨城県

ひっそりと佇むアースダム。
かんがい用水供給目的のダムとなっているが、ダム湖にある石碑によると治水の目的もあるらしい。
ダム湖の上流には、「水源不動尊」があり、水の神様を奉っている。
また、ブラックバスのポイントとして有名らしい。


下流より堤体を眺める。
風景にマッチしすぎて、どこが堤体だかわからなかった。

自由越流式の洪水吐。
堤体のすぐ脇についている。

天端より下流を眺める。
アースダムにありがちな風景。

天端より取水設備の斜樋を望む。

ダム湖を眺める。
ひっそりとしていた。

ダム湖の奥に「水源不動尊」があった。

天端よりダム湖を眺めるパノラマ写真。


おすすめ商品

スペック

ダム名不動谷津(ふどうやつ)ダム
ダム型式アース
河川名/水系名涸沼前川/那珂川水系
所在地茨城県笠間市小原
位置北緯36度22分11秒 東経140度19分05秒
着工年/完成年1969年/1978年
用途かんがい用水
堤高16.6m
堤頂長112.0m
堤体積36,000立方m
流域面積平方km
湛水面積5ha
総貯水容量222,000立方m
有効貯水容量222,000立方m
ダム湖名不動谷津池(ふどうやついけ)
管理友部町土地改良区
本体施工者勝村建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門

アクセス

常磐自動車道水戸ICより、国道50号線を笠間方面へ走る。
途中、国道は新道と旧道に分かれているので、ここは新道を選択。
三軒屋という交差点で旧道と再び合流する。
1.5kmほどで、桜の宮ゴルフコースがあらわれる。
ゴルフコース入口を通り越し、次の信号を左折。
1.5kmほど走ると右手に大原小学校が現れる。
ここからが要注意。小学校を通り越し、1kmほど走ったところを左折。
1.5車線ほどの道に入る。
200mほど走り、左折。左手に不動谷津ダムの堤体が現れる。
アースダムということで、景観に溶け込んでいるので注意されたし。


コメント

タイトルとURLをコピーしました