ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

黒又川第二ダム

新潟県

黒又川最上流部にあるダム。
ダムまでの道のりは険しいが、アーチ式コンクリートの美しい堤体が、道中の疲れをいやしてくれる。
昔は、黒又川第一ダムと揚水発電をしていたというが、現在はやめてしまったという。
その理由は、費用が馬鹿にならないかららしい。この情報は、あくまでも伝聞である。


下流正面より堤体を眺める。
見事なアーチ式コンクリートダムだ。
左にちょっとだけ写っている建物は、黒又川第二発電所。

ちょっと引いて撮影。
直下はジャングルと化してきた。

堤体横より堤体を眺める。
キャットウォークの色がおしゃれ。

クレストゲートのアップ。
6門あるが、そのうち3門は高さが違う。

ホロージェットバルブを発見。
正面からは草木に隠れて見えなかった。

天端を眺める。
アーチダムの天端は湾曲していて美しい。

天端を下流を眺める。
昔は下流の黒又川第一ダムと揚水発電をしていたとのこと。
ということは、ここまで第一ダムの貯水池があったと言うことなのか。
(奥只見電力館所長さん談)

天端より直下を眺める。
雑多な造りの減勢工。

発電所と堤体。
発電所は大きなコンテナボックスの様だった。

天端よりダム湖を眺める。まさに秘境って感じ。


おすすめ商品

スペック

ダム名黒又川第二(くろまたがわだいに)ダム
ダム型式アーチ式コンクリート
河川名/水系名黒又川/信濃川水系
所在地新潟県魚沼市大栃山字横沢1334-32
位置北緯37度16分46秒 東経139度07分31秒
着工年/完成年1961年/1964年
用途発電
堤高82.5m
堤頂長235.2m
堤体積91,000立方m
流域面積109.9平方km
湛水面積225ha
総貯水容量60,000,000立方m
有効貯水容量50,000,000立方m
ダム湖名 
管理電源開発(株)
本体施工者清水建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
主放流設備自由越流式3門
主放流設備自由越流式3門
発電所使用水量28.0m3/s

アクセス

関越自動車道小出ICを出て左折。
500mほど走ると、国道17号線にぶつかる。この交差点を右折。
進路を長岡方面にとる。
3kmほど走ると、国道252号線との立体交差にさしかかるので、ここを右折。
国道252号線を入広瀬方面に走る。
関越自動車道をくぐり、ひたすら走る。
隣に只見線の線路が見えてくる。
15kmほど走ると、黒又川第1ダムへの標識が現れる。
この標識通りに右折。
途中、黒又ダムを左手に眺め、ひたすら直進する。
やがて、目の前に黒又川第一ダムがあらわれる。
ダムの天端を渡り、さらに直進する。
この道はダム湖にそって走っている。
道に川が流れているので要注意。
やがて道はダートコースに変わる。
しばらくすると、道は二手に分かれる。
左を選択すると、堤体直下へ、右は堤体脇へ続いている。
時間があれば両方見学すると良いだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました