ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

黒部ダム

栃木県

鬼怒川温泉から川俣温泉に向かう途中にあるダム。
重力式アーチダム(※)という、最近ではあまり見かけない形をしている。
かれこれ、もう90年も前に施工されたダムなので、あまり見かけない形なのかも。
湾曲した導流部が美しいため、小柄なダムながら目に強く焼き付く。

※ 後日、このダムの型式が重力式コンクリートに変更になりました。


湾曲した堤体。
8個のローラーゲートが並ぶ。

堤体より下流部を見る。
中央の導水管で発電施設に水が導かれる。

堤体より黒部貯水池を望む。

堤体右側にある非常用洪水吐。
その左に、発電用水取水口が見える。

非常用洪水吐から下流を見る。
直下のコンクリートが減勢工の役割をはたすのだろうか。

ローラーゲートは8門。
堤体全体にゲートがある感じ。


おすすめ商品

スペック

ダム名黒部(くろべ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名鬼怒川/利根川水系
所在地栃木県日光市黒部
位置北緯36度52分09秒 東経139度36分36秒
着工年/完成年1911年/1912年
用途発電
堤高28.7m
堤頂長150.0m
堤体積78,000立方m
流域面積267.3平方km
湛水面積13ha
総貯水容量2,366,000立方m
有効貯水容量1,160,000立方m
ダム湖名
管理東京電力(株)
本体施工者早川組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐ローラーゲート8門

アクセス

日光宇都宮道路今市ICより国道121号線を北上。
16kmほど走ると、県道152号線との分岐があり、ここを左折。
その交差点辺りに五十里ダムや川治ダムがあるので、
是非こちらも見学してもらいたい。
しばらく走ると右手に栗山村役場が見え、次の交差点を右折。
すぐに黒部ダムに到着する。
堤体上が道路になっているので、手前の駐車場へ車をとめる。
見学後はこの道をそのまま北上し、湯西川温泉に抜けることをおすすめするが、
土砂崩れのため現在通行止めらしい(2002/6/16)。


コメント

タイトルとURLをコピーしました