ダムマニア - Dam Mania -

細身ヶ谷池ダム

掛川市が所有する灌漑用水専用のアースダム。
工業団地の内部にあり、道中、こんな所にダムがあるのかと思わせる。
堤高は15mとのことだが、もしかすると15mも無いかも知れない。
ダム直下は農地として開発されており、下流側埋め立てのため、高さを失ったように感じる。
上流側も公園、工場として開発されていて、ダム湖の一部を埋めてしまった様子を感じた。
近いうちにダム便覧から削除される可能性があるダムである。

財団法人日本ダム協会のダム便覧が改訂され、堰と判定されました。(2006/4/1)

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
堤高15mとの事だが、本当に15mもあるのだろうか。

ダム

真横より堤体を眺める。
芝生に覆われた堤体はアースダムならではの光景。

ダム

天端を眺める。
歩行者のみ通行可能。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
奥は公園と工場がある。

ダム

自由越流式の洪水吐。
その左側に取水設備が見える。

ダム

洪水吐からの導流部。
草が生い茂っていた。

ダム

ダム湖側より堤体を眺める。
ブロックで化粧されていた。

ダム

洪水吐の隣にある取水設備。

広告

スペック

ダム名細身ヶ谷池(ほそみがやいけ)ダム
ダム形式アースダム
河川名/水系名垂木川/太田川水系
所在地静岡県掛川市安養寺
位置 
着工年/完成年/1890年
用途灌漑用水
堤高 
堤頂長 
堤体積 
流域面積 
湛水面積 
総貯水量35,000立方m
有効貯水量35,000立方m
ダム湖名細身ヶ谷池(ほそみがやいけ)
管理掛川市
本体施工者 
地図マピオン

アクセス・ドライブ

東名自動車道掛川ICを出て、すぐに右折。
そして、一つ目の信号を右折。県道38号線を北上する。
線路をくぐり、1kmほど走ると、国道1号線との交差点にさしかかる。
この交差点を右折、国道1号線を東京方面へ走る。
2.8kmほど走ると、掛川バイパスに通じる道との交差点にさしかかる。
この交差点を左折、掛川バイパス方面に進路を取る。
掛川バイパスを通り越し、2kmほど走ると、東部工業団地へ続く道が左手に現れる。
ここを左折、東部工業団地方面へ向かう。
右手にジョンソンの工場、そして、パントーネシステムの工場が見えてくる。
パントーネシステムの工場を越して、すぐに右折する。
そして、1本目の左折できる道を左折する。
すると目の前に細身ヶ谷池が見えてくる。
天端脇にちょっとしたスペースがあるので、ここに車を停めて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 番外編 > 細身ヶ谷池ダム カウンター